阪神タイガースのドラフト会議2017!指名選手の情報や評価を紹介

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学時代は、2年の後半から2番手となったため、しばらく先発から離れていました。

一応、完投勝利をしたこともあるので、1年目に体力をつければ先発としての起用もできると思います。

パワーピッチャーの例に漏れず、コントロールのばらつきがあるのがやや難点ですかね。

阪神のドラフト2位指名選手 高橋遥人(亜大)

阪神が2位指名をしたのは、亜細亜大学の高橋遥人投手です。

高橋遥人投手は、最速151キロのストレートと、スライダーやチェンジアップを混ぜながら空振りを奪っていく貴重な左腕。

2017年の大学生左腕の中では、かなり上位に入ってくる実力者だと思います。

大学では、先発をするもコントロールが安定せずに救援に降格するなど、結構苦難の道を歩んできたみたいですね。

先発・中継ぎとどちらでも使えそうですが、最初は中継ぎで試していくのではないでしょうか?

おそらく、1年目から1軍での登板機会はありそうです。

阪神のドラフト3位指名選手 熊谷敬宥(立大)

阪神がドラフト3位で、”ポスト鳥谷”の期待をかけて指名したのが、立教大の熊谷敬宥(たかひろ)選手です。

ヤクルトに指名された宮本丈選手同様、阪神が注目していた選手の1人です。

選手のタイプとしては、俊足強肩といった感じでしょうか。

遠投115メートルの強肩かつ素早いスローイング、俊足を生かした俊敏なプレーで守備力はピカイチ。

4年の春には盗塁王も記録しています。

一方で、課題は打撃です。

通算打率.210はお世辞にもいいとはいえません。

俊足を生かして出塁をしたいものの、右打者なので左打者ほどは内野安打が量産しにくいのがネックですね。

打撃の課題さえ克服できれば、第2の鳥谷選手として、将来の不動のスタメンになれると思いますよ!

阪神のドラフト4位指名選手 島田海吏(上武大)

阪神がドラフト4位指名したのは、九州が誇るスピードスター・島田海吏選手です。

島田海吏選手は、俊足強肩の外野手で、50メートル5.8秒の記録を持っていて、中学時代は陸上部としても大会に出場した実力があるほど。

そこで、あの陸上のスター・桐生祥秀選手に勝利したこともあるそうです。

島田海吏選手の特徴としては、足の速さはもちろん、リーグ通算打率.329の打撃も魅力です。

ただアベレージヒッターな印象がありますが、落ちる変化球には弱く、かなり三振もしているみたいですね。

プロに入ったルーキーや日本に来た助っ人外国人が苦戦する、変化球への対応が飛躍のポイントとなると思います。

阪神のドラフト5位指名選手 谷川昌希(九州三菱自動車)

阪神の2017年のドラフトで唯一の社会人選手が、谷川昌希投手です。

九州三菱自動車のエースとして活躍している谷川昌希投手は、175センチ81キロというがっしりした体格。

安定した下半身から投じられる最速149キロのストレートは威力十分で、縦スライダーやカットボール、ツーシームなどを織り交ぜて打者をねじ伏せます。

社会人から開花したので、まだ伸びる可能性はあり、将来性にも期待ができる選手ですね!

阪神のドラフト6位指名選手 牧丈一郎(啓新)

阪神がドラフト6位で指名したのが、最近恒例となっている高校生枠の牧丈一郎投手。

牧丈一郎投手は、最速152キロのストレートを投げる本格派右腕。

高校3年の春には球速が10キロ増え、奪三振率10を超える投手へ成長を遂げました。

問題は怪我。

高校時代は1年に1回、必ず何らかの怪我をして悩まされてきた点が不安要素ですね。

ただ、三振のとれる投手として素質は十分なので、将来の大化けに注目が集まります。

 

以上が、阪神のドラフト会議で指名した選手です。

ちなみに、育成ドラフトでは、上武大の石井将希投手を指名しています。

足りない部分を的確に指名したドラフトになったので、阪神ファンとしては、2018年が楽しみになったのではないでしょうか?

 

まとめ

当記事では、阪神タイガースの2017年のドラフト指名選手を紹介しました。

清宮幸太郎選手、安田尚憲選手を外してしまい、最終的にはドラフト1位は馬場皐輔投手となってしまったものの、今の阪神に不足している投手、そしてポスト鳥谷を上位指名できたのはいいところ。

12球団のドラフトの中では、比較的充実した部類になると思います。

1 2 3 4
ページトップへ