フィリップKディックのおすすめ傑作小説と人気映画作品を紹介!

小説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天的な明るいエンディングもないわけではありませんが、記憶に残り続けるのは、悲劇的エンディングが多いのです。

 

それではフィリップ・K・ディックのおすすめ傑作小説をいくつか挙げてみましょう。

  1. アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(1968年)
  2. 高い城の男(1962年)
  3. 火星のタイム・スリップ(1964年)
  4. 流れよわが涙、と警官は言った(1974年)
  5. ユービック(1969年)
  6. 暗闇のスキャナー(1977年)
  7. 宇宙の眼(1957年)

フィリップKディックのおすすめ傑作小説7選

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

言うまでもなく、フィリップ・K・ディックの代表作であり、もっとも有名な小説でもあります。

最高傑作であるかどうかは、人により評価が異なりますが、よくできた作品であることは間違いありません。

その内容は、バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)の主人公は、反乱したアンドロイド(人造人間)を追うことになります。

その追跡劇の過程での『人間とは何か』、『人間とアンドロイドの違いは何か』というものがテーマとなっています。

[st-card id=56718]

高い城の男

この『高い城の男』では、その舞台はアメリカ合衆国です。

ただし、このアメリカは

この世界では、第二次大戦で『枢軸国』が勝利している

アメリカなのです。

この世界でのアメリカは、ナチス・ドイツと大日本帝国によって占領され、分割統治されています。

そのアメリカでは、

「もしも連合国が第2次世界大戦で勝っていたら」

という”IF”の世界を描いた小説が売れていました。

その小説を書いた男がタイトルにある『高い城の男』なのです。

いわば『裏返しの第二次大戦の戦後』ですね。

アメリカ人の吸うタバコのパッケージが日本語だとか、ある日本人の描写が傲慢でありつつ、静かに侮辱を織り交ぜたり、細かい描写も見事です。

この小説は、1963年にSF小説の最高の栄誉といわれる、

ヒューゴー・ガーンズバック賞

を授賞しています。

なお、ヒューゴー・ガーンズバックとは、アメリカSFの始祖的存在の作家で、日本でいえば星新一さんとか今日泊亜蘭さんにあたる人です。

火星のタイム・スリップ

舞台は、未来となる1994年の火星です。

もちろん『未来』とは、この作品が書かれた1964年から見てです。

この火星にいる人々は、皆何かを失ったり挫折したりした人々で、未来には全く明るい思いは抱いていません。

主人公は一種の詐欺師で、過去にタイムスリップして、開発が始まる前の火星の土地を買い占め、大もうけをしようと企みます。

その手段として、統合失調症の少年の特異な能力を使うことを思いつきます。

そしてその企みは成功しました!

しかし・・・

その世界は統合失調症患者の目で見た世界だったのです!

世界のあらゆるものがこちらに敵意を抱き、自分を否定する世界

そんな世界だったのです。

この小説をフィリップ・K・ディックの最高傑作とする人が多いのが特徴でもありますね。

流れよわが涙、と警官は言った

数あるフィリップ・K・ディックの不条理もの小説の代表作です。

この小説、とにかく怖いです。

その怖さも、アクション映画の危機一発といった類の怖さではありません。

背筋になにか冷たいおぞましいものが、じわりじわりと忍び込んでくるという、そんな怖さなのです。

このタイトルもまた内容にぴったりですね。

主人公は売れっ子のタレントで、どこへ行っても大人気、富も名声もなにもかも持っているという、羨ましい存在なのです。

しかし、ある朝目覚めると、まるで記憶にないボロホテルにいるのです。

身分証明書もなくなっているし、彼のことを知っている者は誰一人としていません。

所属するタレント事務所に電話をかけても、

「は?どなた様でしょうか?」

と聞き返される始末。

主人公は自分の存在を取り戻すために行動し始めます。

そして、物語の最後は衝撃的です。

私を見張っているのは私だ…。

ユービック

フィリップ・K・ディック作品では、超能力者が登場することがあります。

この『ユービック』では、その超能力者が主役となっています。

その超能力者とは『不活性者』です。

この不活性者とは、『超能力者の能力を無効化できる者』のことなのです。

主人公は超能力者による産業スパイ対策を仕事としています。

ところがある奇妙な現象が起こり始めたのです。

それは『時間の後戻り』です。

所持していたお金が古くなる、飲もうとした飲み物が腐ってしまうなど、奇現象が続発します。

そのうち、現象は次第に重要な事柄にまで及んで行き、歴史まで変化し始めるのです。

なお、この『ユービック』とは、一種の商品で、ストーリー中にそのコマーシャルが挿入されたりします。

しかしそれを読むと、余計にユービックがなんであるのかが、わからなくなるという、けったいなコマーシャルなのです。

暗闇のスキャナー

映画『スキャナー・ダークリー』の原作です。

どこからともなく供給される薬品『物質D』、通称デスがアメリカ中を支配しています。

この薬品は供給源や原材料も全く不明なのです。

そしてその薬品による落伍者が巷に溢れていました。

捜査官である主人公は、自ら潜入調査を行いますが、そのために実際にその『物質D』を摂取したりもします。

彼は、ある日上司から指示を受けます。

それは

「これからはアークターを張ってくれ」

というものでした。

この『アークター』とは潜入時の主人公の名前だったのです…。

自分で自分を見張る、この行為の無意味さと恐ろしさ、このあたりが見物ですね。

宇宙の眼

ベバトロン(陽子ビーム加速器)を見学していた観客八人が、装置の事故に遭遇する所から始まります。

陽子ビーム加速器が暴走し、60億ボルトの陽子ビームが放射されたのです。

この八人は負傷はしたものの生命に別状なく、普段の生活に復帰しました。

しかし・・・

その復帰した『現実』は、事故前の現実とは文化や宗教の異なる現実だったのです。

この小説は、宗教がモチーフの1つとなっています。

パラレルワールドものではありますが、通常のパラレルワールドものと異なるのは、一旦そのパラレルワールドも抜けても、

1 2 3 4
ページトップへ