ナラタージュの意味とは?映画主題歌とあらすじから結末ネタバレ!

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


嵐の松本潤と注目の若手女優・有村架純が主演を務めたことからも話題となった映画・『ナタラージュ』。

禁断の愛をテーマに描かれたこの映画は、当時その結末も話題となりました。

そこで本記事では、ナタラージュの意味からあらすじや結末、主題歌などについて紹介していきたいと思います。

映画ナタラージュの意味やあらすじから結末ネタバレ!

島本理生によって2005年に発表された小説『ナタラージュ』は、2006年に「この恋愛小説がすごい」で1位を獲得するなど、度々話題になってきました。

@nijinokakehashi_)さんの投稿

2016年には嵐の松本潤と若手女優・有村架純が主演を務めるべく、撮影が開始され、2017年10月7日に公開。

タイトルの『ナタラージュ』とは、物事の筋道について語る「ナレーション」と何かをつぎはぎする「モンタージュという言葉が組み合わさった造語なようです。

つまり、タイトルにも使われている『ナタラージュ』という言葉はフランス語やポルトガル語など、どこかの国の言葉なのではなく、独自に作られた造語ということになります。

ナタラージュの意味がわかったところで、物語のあらすじを探っていきましょう。

切なすぎるナタラージュのあらすじ

有村架純演じる工藤泉は高校時代、松本潤演じる演劇部の顧問教師の葉山に密かに想いを寄せていました。

@milk_no_taka)さんの投稿

ずっと葉山に対する想いを隠していた泉でしたが、葉山率いる母校の演劇部の卒業公演への出演をきっかけに、再開し葉山への想いが熱くなっていきます。

次第に二人の想いは重なっていきますが、そんな時に、葉山から妻の存在を明かされます。

妻との離婚を考えているという葉山の言葉を聞いた泉ですが、同年代の小野との幸せな将来を描きはじめていきます。

1 2 3 4
ページトップへ