ブレードランナーの高木式ブラスター(水鉄砲)の塗装の仕方を紹介

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


映画『ブレードランナー』で、主人公デッカードの持つ銃。

かっこいいですね。

これは『デッカードブラスター』と言われています。

かなり特殊なタイプの銃で、ダブルトリガー(引き金が2つある)が特徴です。

拳銃にトリガーが2つあるのも珍しいですよね。

なぜ普通の銃(に見える)が『ブラスター』と言われるのか、それは本文で説明します。

そんなデッカードブラスターに、水鉄砲モデルがあるというのです。

モデルガンではなく水鉄砲とは?

というわけで、今回は『ブレードランナー』の高木式ブラスター(水鉄砲)の塗装の仕方を紹介し、オリジナルの銃も合わせて見てみましょう。

[adsense]

ブレードランナーの高木式ブラスター(水鉄砲)の塗装の仕方

この水鉄砲、正式名は

高木型 弐〇壱九年式 爆水拳銃

と言います。

『弐〇壱九年』は、もちろん原作の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』と、映画『ブレードランナー』の舞台である、

2019年

のことです。

それにしても『爆水拳銃』とは・・・(笑)

まあ、暑い盛りのサバゲーでは、水鉄砲は確かに涼しくていいかも知れませんね。

色と感触(オリジナル同様にメタルっぽい感じか、それとも独自の材質感を出すか)は、人の好みによりますので、ここでは一例としてお話していきましょう。

 

塗装は、まずサーフェイサーから行います。

これは、下地つくりですね。

次に下地用のシルバーを吹きつけます。

グリップの部分は、

  • 濃いめ
  • 薄め

で意見が分かれるところですが、材質がかなりチープですので、濃いめが無難かも知れません。

本体の塗りが面倒な人は、下地のシルバーだけでも、全体にメタリックな感じが出て、それはそれで良いものです。

1 2 3
ページトップへ