巨人のドラフト会議2017!指名選手の情報や評価を紹介!1位は誰?

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FA移籍選手はもちろん、トレードで加入した選手も、吉川光夫投手より、おまけでついてきた石川慎吾選手の方が素晴らしかったという始末…。

と、このようにあらゆることが裏目に出ている2017年の巨人を見て、補強ポイントはどこかというなら…。

全部

です。

投手も野手も、全てにおいて補強が必要でしょう。

投手も、マイコラス投手やマシソン投手の去就が不明。

野手は、ベテランばかりでこのままでは世代交代ができずさらにどん底へ…。

野手、投手バランスよくドラフト会議で指名する必要があります。

では、巨人は誰を2017年のドラフト会議で指名したのでしょうか?

 

ドラフト会議2017!巨人の指名選手と評価を紹介!

さて、巨人は一体、誰をドラフト会議で指名したのでしょうか?

まず、巨人は清宮幸太郎選手を指名したものの、7球団競合の末にくじで外れ…

その後、村上宗隆選手を指名するも、またもやくじで外れてしまいました。

いきなり外れ続きのスタートの中、最終的に巨人が指名をしたのは、以下の通り。

巨人のドラフト指名選手一覧

1位 鍬原 拓也 (中大)

2位 岸田 行倫 (大阪ガス)

3位 大城 卓三 (NTT西日本)

4位 北村 拓己 (亜大)

5位 田中 俊太 (日立製作所)

6位 若林 晃弘 (JX―ENEOS)

7位 村上 海斗 (奈良学園大)

8位 湯浅 大 (高崎健康福祉大高崎)

かなり多いですね。巨人は枠が結構キツイのですが、それでもここまで指名するとは…。

しかも、かなり微妙なドラフトと言ってもいい気がします。

せっかく宇佐見選手が台頭してきたのに、わざわざ捕手を2人も上位で指名する必要があったのか謎。

宇佐見選手を本格的にファーストへコンバートさせるのでしょうか?

1 2 3 4
ページトップへ