巨人のドラフト会議2017!指名選手の情報や評価を紹介!1位は誰?

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

また、走塁力もあり、健大高崎の『機動破壊』野球の象徴として活躍しました。

いわゆる典型的な走守タイプの選手なので、課題は打撃です。

プロレベルまで引き上げることができれば、現在コーチとして巨人に在籍している小坂誠コーチのような選手になれるのではないでしょうか?

 

以上が、巨人が2017年のドラフト会議で指名した選手たちです。

この他にも、育成ドラフトでも

  • 1位 比嘉賢伸 (盛岡大付)
  • 2位 山上信吾 (常磐)
  • 3位 笠井 駿 (東北福祉大)
  • 4位 田中優大 (羽黒)
  • 5位 広畑塁 (立正大)
  • 6位 小山翔平 (関西大)
  • 7位 折下光輝 (新野)
  • 8位 荒井颯太 (関根学園)

と8人の指名をしています。

総勢16人ですが、人数の割に、どうも微妙な選手ばかりな気がするのはどうしてでしょう…。

 

まとめ

2017年の巨人のドラフト指名選手の情報を紹介しました。

巨人としては、かなり微妙なドラフトになってしまいましたね。

1位で清宮幸太郎選手、村上宗隆選手を外してしまったのは仕方ないにしても、その後の2位以降があまりにも謎過ぎます。

小林誠司選手と宇佐見真吾選手がいながら、捕手を2人指名。

さらには打力に欠ける内野手ばかり指名するなど、ちょっと意図が読めません。

この分だと、当分は巨人の暗黒時代は続いていきそうです…。

1 2 3 4
ページトップへ