宮根誠司のミヤネ屋降板理由を考察!性格の嫌われぶりがヤバイ!

アナウンサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうやら、読売テレビ関係者なる、貴社の妄想上の人物なのか本当に実在するのかよくわからない存在が、

「宮根さんはモチベーションが低下している」

「視聴率が下がり追い込まれるまえに辞めて、キャスターとしての商品価値をキープしたいと考えているようです」

と語ったのだとか。

また、お膝元とも言える関西では、『ミヤネ屋』の番組視聴率が下降気味。

これも、宮根誠司さんが関東へ逃亡したい理由になっているのだそうです。

 

この『○○関係者』という、実在すらも怪しい人物がこのようなコメントをしていても、週刊誌お得意のガセネタにしか思えませんよね。

さらには、そんな状態の宮根誠司さんに対して接触してきたのが、フジテレビだといいます。

フジテレビは現在、平日は情報番組続きのため、トリを飾る『みんなのニュース』はあまりにもひどい低視聴率。

そのため、2018年4月から、夕方の情報番組に宮根誠司さんを起用しようという考えで、お互いの思惑が一致した…。

ということらしいです。

しかし、どうもこの記事には信憑性が薄いように感じられますね。

数々のスクープネタを出したとはいえ、週刊文春もガセばかりのしょうもないゴシップ誌と同レベル。

文春砲も、100回に1回当たればいいレベルのガセ連発です。

実際に、訴訟を起こされて負けているあたりも、信憑性のない週刊誌と言える証拠でしょう。

事実、週刊誌の中でも、宮根誠司さんが『ミヤネ屋』降板を否定する記事も出ているのです。

こちらも信憑性では怪しいサイゾーウーマンの記事ですが、フジテレビ関係者なる人物によれば、

「確かにオファーをしている気配は感じましたが、その後、まったく話を聞かないので、宮根サイドはあっさり断ったのでは」

1 2 3 4
ページトップへ