映画ブレードランナーのレイチェルの寿命とデッカードとの関係

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


リドリー・スコット監督の映画『ブレードランナー』は、1982年の公開です。

公開から35年も経った現在でも、その内容の解釈など、熱く語る人が多いのです。

それだけカルトとしての地位を確立している名画ということなのでしょう。

しかし、映画『ブレードランナー』にはバージョンが多数あり、バージョンによってエンディングの描写もずいぶんと違っています。

そして、そのバージョンにより、ヒロインであるレイチェルと主人公のデッカードの関係や、彼女の寿命など、色々と考えさせられる点が多いのです。

そこで今回は、『ブレードランナー』でのレイチェルの寿命と、デッカードとの関係などを考察してみました。

[adsense]

映画『ブレードランナー』のレイチェルの寿命

それではブレードランナーのあらすじです。

近未来のアメリカでは、『レプリカント』と呼ばれる人造人間が、奴隷として過酷な労働に従事していました。

その境遇に不満を持つようになったレプリカントは、反逆を企てるのですが、それを取り締まるのが『ブレードランナー』と呼ばれる人々です。

主人公のデッカードもその一人で、逃亡したレプリカントを捜査する内に、レイチェルという美女と知り合い、愛するようになります。

しかし、彼女は実は人間ではなくレプリカントだったのです。

人間と人造人間の愛など、そもそも成立するのか。

そして二人の結末は…。

というのが、ごく大雑把な映画『ブレードランナー』のあらすじです。

 

このレプリカントの寿命ですが、人間に対する反乱などを想定した安全対策として

4年間

と当初から設計されています。

つまり、いかに人間同様の外観と思考能力を持っていても、レプリカントは4年しか生きられないのです。

1 2 3 4
ページトップへ