ヒカキンの身長や本名などプロフをチェック!その人気の理由とは?

文化人・著名人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


という経歴を持っているのです。

この決勝戦で、ヒカキンさんは『Super Mario Beatbox』を披露。

惜しくも日本一は逃しましたが、その実力は評価され、2010年6月にYoutubeにアップされた完全版『Super Mario Beatbox』は、

2週間で200万アクセスを記録、YouTube国内月間アクセス1位を達成

という大ヒットとなりました。

この動画の記録は、アメリカの『CBS News』でもトップで報じられ、海外でも話題に。

ヒカキンさんのすごいところは、ヒューマンビートボックスを誰かに習ったわけでなく、Youtubeの動画などを見て、独学で習得した部分だと思います。

今でこそ、楽をしているYoutuberと思われがちなヒカキンさんですが、ヒューマンビートボクサーとしても実力があり、世界からも評価されていたのですね。

『ハモネプリーグ』に出演していた頃のヒカキンさんは21歳だったので、この時は高校卒業後のスーパーの店員として仕事をして生計を立てていた頃になります。

この当時は、動画投稿で生計を立てることは考えていなかったみたいですが…。

アメリカの有名Youtuber(ユーチューバー)、ミシェル・ファンさんの講演会に参加したことで、ヒカキンさんの考え方が変わります。

「好きな時間に動画を撮影して、好きな時間にその動画をアップするだけで仕事になっている」

という言葉に衝撃を受け、ここからヒカキンさんのYoutuber(ユーチューバー)としての活動が始まりました。

その後のヒカキンさんは、皆さんが知っている通り。

大人気Youtuber(ユーチューバー)となり、

  • ビートボックス動画を投稿する『HIKAKINチャンネル』
  • 一番メジャーとなった商品紹介などをする『HikakinTV』
  • ゲーム実況をする『HikakinGames』
  • プライベート動画を投稿している『HikakinBlog』

という4つのチャンネルを持ち、小中学生を中心にカリスマ的存在となりました。

また、海外の大物有名人とも共演するほどにまで至り、

2013年にはエアロスミスと、2014年にはアリアナ・グランデさんと共演

を果たしています。

この他にも、NE-YOさんとも共演をするなど、もはやセレブと言っていい扱いを受けているのがヒカキンさんです。

そんなヒカキンさんは、Youtuber(ユーチューバー)が有名になった頃は、ネット上で叩かれていたのですが…

最近は、ヒカキンさん再評価の流れになっていて、Youtuber(ユーチューバー)では圧倒的人気を誇るようになりました。

一体、ヒカキンさんの何が人気の理由なのでしょうか?

 

ヒカキンが人気の理由は性格!

ヒカキンさんの人気の理由を考えてみると、必然的にこの答えにたどり着きます。

それは…

ヒカキンさんの性格がいい

という部分です。

ヒカキンさん曰く、

「家族みんなでご飯を食べながらでも見ることのできるコンテンツをやっていきたい」

というだけあって、炎上するような動画は滅多に投稿しません。

はじめしゃちょーさんやヒカルさんなど、過激な動画で炎上しているYoutuber(ユーチューバー)とは明らかに違います。

また、はじめしゃちょーさんなど、他のYoutuber(ユーチューバー)が炎上するたびに、ヒカキンさんの聖人ぶりが増していき、相対的に評価が上昇する謎の現象が起きるほどです。

ネット上でも、

「ヒカキンは人間性が神」

「握手会動画見たけど、こんなの子供たちが憧れるに決まってるじゃん」

「子供たちを笑顔にする企画しててホントいい人だわ…」

などとヒカキンさん称賛のコメントばかり。

また、大人の対応も素晴らしいあたりが、幼稚なYoutuber(ユーチューバー)と違う部分でもあります。

アンチに対する対応や、他Youtuber(ユーチューバー)との交流の際の対応も素晴らしい!

さすが、子供に好かれるだけあって、小中学生からヒーローのような存在に思われ、人気になるのも頷けます。

これでヒカキンさん人気の理由がよくわかった気がしました。

 

このように人気なヒカキンさんですが、

「プライベートはやっぱり傲慢だったりするんじゃないの?」

などと、芸能人の裏の顔のような感覚で疑う人も多いと思います。

そして実際に、身体だけの関係を持っていたという女性(ヒカキンさんのファン)がヒカキンさんの裏の顔を暴露する事件が起きてしまったのですが…。

その裏の顔まで聖人だったと話題になりました。

1 2 3 4
ページトップへ