ヤクルトスワローズのドラフト2017!指名選手の情報や評価を紹介

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


東京ヤクルトスワローズの2017年のシーズンは最下位に終わり、国鉄1年目の94敗を上回る96敗を喫し、歴代ワースト記録を更新してしまいました。

『火ヤク庫』『ヤ戦病院』

などと呼ばれる、もはやヤクルトスワローズの慣習となってしまった怪我人の続出により、壊滅的な状況に…。

これでは最下位も致し方なしという気がします。

そんなヤクルトスワローズは、2017年のドラフト会議で誰を指名したのでしょうか?

当記事では、ヤクルトスワローズの2017年のドラフト会議結果を紹介します。

[adsense]

ヤクルトスワローズに小川淳司新体制発足!

2017年のヤクルトスワローズは、先述した通り、球団記録を更新する96敗を喫してダントツの最下位。

これで、ここ数年の責任を取って真中満監督が辞任しました。

その後継者は、いろいろと噂が出ていましたが、まさかの小川淳司シニアディレクターが就任することに。

小川淳司シニアディレクターが辞任後に真中満監督が就任したため、新体制とはいうものの、実質的には

小川淳司元監督が再び就任!

ということでしょう。

ただ、今後を見据えたからか、宮本慎也さんが1軍のヘッドコーチとして就任しています。

いずれは宮本慎也さんが監督になる運びなのでしょうね。

 

さて、2017年のヤクルトスワローズは、相変わらずひどいものでした。

恒例のヤ戦病院によって怪我人が続出し。

バレンティン選手と山田哲人選手、坂口智隆選手、中村悠平選手しか規定打席到達はいませんでした。

そして、相変わらず川端慎吾選手と畠山和洋選手は怪我でほぼいないも同然。

雄平選手も途中離脱、大引啓次選手も離脱しては復活の繰り返し…。

そして投手陣も壊滅状態…

1 2 3 4
ページトップへ