横浜DeNAベイスターズのドラフト2017!指名選手の情報や評価を紹介

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


クライマックスシリーズファイナルステージでは、短期決戦の鬼を髣髴とさせるラミレス采配が見事にはまり、日本シリーズ進出を決めた横浜DeNAベイスターズ。

そして、ラミレス監督の手腕は、2017年のドラフト会議でも発揮されましたね。

筒香選手の存在もあり、スラッガーには余裕があるため、各球団が清宮幸太郎選手を指名する中、大学No.1左腕の東克樹投手を一本釣り!

今後、左腕王国が誕生しそうな勢いです。

昔は左腕が全くと言っていいほどいなかった横浜が、ここまで先発左腕に恵まれるとはびっくりです。

当記事では、東克樹投手の評価も含め、横浜DeNAベイスターズが2017年のドラフト会議で指名した選手の情報・評価を紹介していきます。

[adsense]

2017年のドラフト会議でも光ったラミレス采配

2017年の横浜DeNAベイスターズは、3位でシーズンを終えるものの、クライマックスシリーズで

短期決戦の鬼

ぶりを発揮した、ラミレス監督の神采配により、ファーストステージで阪神を撃破、さらにはファイナルステージで広島カープも撃破しました。

台風の影響による雨天中止も、横浜DeNAベイスターズに味方した…。

そんなシリーズだったと思います。

初戦は広島カープがコールド勝ちしたものの、2戦目、3戦目は雨天中止。

この雨が、ファーストステージで投げた投手を再び先発させることができ、今永投手を中継ぎ起用できる余裕を生みました。

第4戦、6回にウィーランド投手がピンチを迎えると、3投手をつぎ込んで凌ぎ、7回には満を持して今永投手を投入。

中継ぎ経験のなかった今永投手ですが、見事に7回と8回を抑え、パットン投手を温存できたのです。

さらには王手のかかった第5戦では、石田投手を1回2失点で早々に降板させるなどの采配も、切り替えの速さが素晴らしかったですね。

1 2 3 4
ページトップへ