西武ライオンズのドラフト2017!指名選手の情報や評価を紹介!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年のドラフト会議では、西武ライオンズはその補強ポイントを指名できたのでしょうか?

早速、結果を確認していきます。

 

西武ライオンズのドラフト2017!指名選手の評価を紹介

それでは、西武ライオンズのドラフト指名選手の評価を見ていこうと思います。

ちなみに、当初は田嶋大樹投手を指名したのですが、オリックスバファローズとのくじ引きの末に負けてしまいました。

西武ライオンズのドラフト1位指名選手 斉藤大将 (明大)

西武ライオンズの外れ1位指名選手は、斉藤大将投手です。

斉藤大将投手は、

大学No.1左腕

との呼び声も高い投手で、サイド寄りのスリークォーターが特徴的です。

いわゆるロークォーターと呼ばれるタイプですね。

最速146キロのストレートと、横変化の大きいスライダー、チェンジアップで緩急もつけられます。

大学時代は中継ぎとしての登板が多かったのですが、4年秋には先発で2完投(うち完封1)をするなどスタミナも十分で、即戦力として期待できます。

ルーキーイヤーから、左の先発候補として活躍してほしいですね。

西武ライオンズのドラフト2位指名選手 西川愛也 (花咲徳栄)

西武ライオンズのドラフト2位指名選手は、西川愛也選手です。

花咲徳栄の優勝に貢献した西川愛也選手は、評価としては打撃センスの優れた中距離砲といった感じです。

3回出場した甲子園では打率4割超えとミート力もあり、高校通算31発のパンチ力もあります。

2年の時に右大胸筋の部分断裂をしてしてしまい、投げられなくなってしまった時期があったので、スローイングが少し心配ですね。

外野手のスローイングはかなり大事になってきますし…。

ただ、故障がマイナスとなって3位指名くらいになると言われていただけであり、本来ならば、もっとドラフト上位にいてもおかしくない存在でした。

1 2 3
ページトップへ