楽天イーグルスのドラフト2017!指名選手の情報や評価を紹介!

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


梨田監督のもと、久しぶりのAクラス浮上、さらにはクライマックスシリーズで2位西武を下してファイナルステージ進出を果たした東北楽天ゴールデンイーグルス。

しかし、前半戦はぶっちぎりの1位で好調だったものの、中盤から後半にかけて失速してしまいました。

この失速は、同時に楽天イーグルスの弱点も見えた年になったため、これを活かし、2017年のドラフト会議では、見事に補強ポイントをドラフトで補強することができました。

2017年のドラフト会議で、楽天イーグルスはどんな選手たちを指名したのか?

当記事で、楽天イーグルスの2017年のドラフト会議結果を紹介します!

[adsense]

楽天イーグルスの補強ポイントはどこ?

2017年の楽天イーグルスは、中盤から後半にかけては怪我による戦力不足で苦戦を強いられましたね。

助っ人20発トリオのペゲーロ選手や、抑えの松井裕樹投手など…

主力の離脱中に勢いが落ちていった印象を受けました。

その結果、出だしは圧倒的な強さで首位だったのに、終わってみれば3位にまで落ち込んでしまったのです。

では、楽天イーグルスの補強ポイントは、一体どこにあるのでしょう?

今の楽天イーグルスの主戦力から考えてみると…

  • 大砲候補
  • 捕手
  • 内野手
  • 先発投手

この4つだと思います。

まず、大砲自体は現在、外国人3人トリオがいますが、やはり助っ人外国人なので、いついなくなるかわかりません。

そして期待され続けてきた2軍の帝王・中川大志選手はついに戦力外…。

まともに大砲育成ができていない状況です。

そのため、和製大砲候補を指名したいところですね。

また、捕手も嶋選手以外が全くと言っていいほど育っていないので、誰か1人は欲しいところ。

1 2 3 4
ページトップへ