オリックスバファローズのドラフト2017!指名選手の評価を紹介!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3人とも、2、3年後までいるかどうかが怪しく、サードの強打者が欲しいのではないでしょうか。

また、二遊間も安達選手が病気の影響でフルの出場が厳しく、そのほかには大城選手や西野選手がいるのですが、西野選手はサードへのコンバートが検討されています。

西野選手のコンバートが実現すると、二遊間はさらに手薄になってしまいますよね。

ただ、いずれにしても、全員打撃面に難があるので、内野の好打者・強打者の獲得も将来を見据えると大事になってきます。

この辺りをどうするのか?

2017年のオリックスバファローズのドラフト会議結果から、補強ができたのか考えてみましょう。

 

オリックスバファローズのドラフト2017!指名選手の評価を紹介

さっそく、オリックスバファローズのドラフト会議2017で指名した選手の評価を紹介します。

まず、誰を指名したのか一覧で確認してみましょう。

オリックスバファローズのドラフト指名選手一覧

1位 田嶋大樹(JR東日本)

2位 鈴木康平(日立製作所)

3位 福田周平(NTT東日本)

4位 本田仁海(星槎国際湘南)

5位 西村凌(SUBARU)

6位 西浦颯大(明徳義塾)

7位 広沢伸哉(大分商)

8位 山足達也(ホンダ鈴鹿)

投手3人、捕手1人、内野手3人、外野手1人という指名でした。

続いては、1人1人の評価を紹介します。

オリックスバファローズのドラフト1位指名選手 田嶋大樹(JR東日本)

オリックスバファローズのドラフト1位指名は、事前の宣言通り、田嶋大樹投手でした。

田嶋大樹投手は、アマチュアNo.1左腕としてドラフトで注目を集め、西武とオリックスが競合しました。

球種は最速152キロのストレート、スライダーやカーブ、チェンジアップを持っていて、タイミングを取らせない投球術を覚えました。

1 2 3 4
ページトップへ