スギとヒノキの2018年春の花粉飛散量やピーク時期をチェック!

花粉症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、早くも2018年春の花粉情報が、『日本気象協会』と『ウェザーニュース』から発表されました。

…が、その予測が少し困ったことになっています。

なんと、

2社の予測が、正反対に分かれる

という異例の事態となりました。

花粉症の人にとって、2018年春の花粉が、どの程度飛散するのか、飛散量というのは、非常に気になる話だと思います。

そこで当記事では、2018年春の花粉飛散量のピーク時期などの情報についてまとめてみました!

[adsense]

2018春の花粉飛散量予測が真っ二つに!

花粉症の人にとって、一番気になるのは、春の花粉だと思います。

春の花粉の代表的なものとして挙げられるのは、

  • スギ花粉
  • ヒノキ花粉

です。

筆者は、以前までブタクサが一番ひどかったのですが、今ではスギ、ヒノキが一番ひどい症状となっているため、春の花粉情報が逐一気になる1人です。

ただ、1年通して花粉症なので、春だけでは済まないのが辛いところ。

年中薬を飲み続ける生活です。

それはさておき、多くの人が気になるであろうスギ花粉・ヒノキ花粉の飛散量について、先日、日本気象協会とウェザーニュースの2社が、飛散量の情報を発表!

これによって、2018年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量が判明した…と思ったのですが…

なんと、

日本気象協会とウェザーニュースの2018年春の花粉予測が、正反対になってしまった

のです。

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

まず、日本気象協会の予測によれば、以下のようになります。

この飛散予測によると

2018年春の花粉飛散量は、

前シーズン(2017年春)を上回る地域が多い

とのことです。

基本的には、図を見る限りは、太平洋側を中心に前シーズンよりスギ・ヒノキ花粉飛散量が上回るみたいですね。

1 2 3
ページトップへ