みなさんのおかげでしたの視聴率推移を紹介!打ち切り終了も当然?

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とガセばかり報道していたので、もう打ち切りと言われても

「またガセネタ?」

となる人が多いかと思います。

そんな中、2017年11月3日に、

『めちゃイケ』と『とんねるずのみなさんのおかげでした』が2018年3月で終了

というニュースが流れたのです。

[st-card id=27467]

情報源は、スポニチアネックスなので、飛ばしがないとも言い切れませんが、少なくとも今までのガセネタのオンパレードのゴシップ誌とは格が違います。

ちなみに、フジテレビによれば、

「現時点で申し上げられることはありません」

とのことで、事実無根だと否定していない状況。

11月4日の放送で『めちゃイケ』のほうは終了を発表したため、とくに何も口を出さないことにしているのかもしれないですね。

また、『めちゃイケ』については、たむらけんじさんがプロデューサーからメールが届いたことで、

「事実」

と明かしたので、同時に報道された『とんねるずのみなさんのおかげでした』終了も事実なのだと思います。

では、なぜ『とんねるずのみなさんのおかげでした』は番組終了となってしまうのでしょうか?

 

『とんねるずのみなさんのおかげでした』終了の理由は視聴率?

 

では、なぜ『とんねるずのみなさんのおかげでした』は打ち切り終了になるのでしょうか?

これには、2つの理由があると思います。

1つは、後ほど紹介するような、ここ数年の低視聴率の連発、それに見合わないコストを支払っているという部分。

以前、『めちゃイケ』の記事でも触れたことがあるのですが、いくら低視聴率を連発していても、

  • とんねるずがバラエティ黄金期の頃の功労者であること
  • 次にヒットするような新しい番組を作る能力がないこと

の2つから、なかなか『とんねるずのみなさんのおかげでした』を打ち切りにできないことがあります。

1 2 3 4
ページトップへ