トランプ大統領と安倍晋三首相が仲良しな理由と海外の反応を考察

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年9月21日に、国連会議の昼食会がありました。

この国連会議の昼食会には、当初トランプ大統領は

『欠席する』

と通告していました。

元々トランプ大統領は、国連やその関連組織に対しては、否定的な考えを持っているようです。

そのため、昼食会にも欠席を通告したのでしょう。

しかし、実際にはその言葉を翻して出席したのです。

では、欠席から一転して出席に翻意した理由とは???

トランプ大統領は、昼食会への参加条件としてこんなことを言ったそうです。

「ひとつ。シンゾーが参加すること!ふたつ。席はシンゾーの隣じゃなきゃイヤだ!」

それが本記事のテーマなのです。

そこで今回は、トランプ大統領と安倍晋三首相が仲良しな理由と、海外の反応などを考察してみました。

[adsense]

トランプ大統領と安倍晋三首相が仲良しな理由

冒頭で書いたように、安倍晋三首相とトランプ大統領の仲は非常に良いようですね。

もっともこれは、メディアやネットなどで半分ジョーク的に、もてはやしているだけとも考えられます。

しかし、それを別にしても、二人の仲は親密であることは事実。

冒頭の国連昼食会の件も、悪のりした筆者がおかしく書き立てたこともありますが、条件の話は確かに事実なのです。

トランプ大統領と安倍晋三首相の最初の出会いは、2016年11月17日のこと。

安倍晋三首相はトランプ氏が大統領当選直後にアメリカに飛び、トランプ大統領と会談しました。

この会談は、『トランプタワー』と呼ばれる、トランプ氏の所有するビル兼自宅で行われました。

この時の会談で、お互いの印象は良いものがあり、二人は親密感と信頼感を感じたようです。

最初の出会いだの、二人の仲だの、まるで芸能記事みたいな書き方ですが、その後のなりゆきを見ると、確かにそのような印象はあります。

1 2 3 4
ページトップへ