パラダイス文書とは?内容と情報流出の原因や影響をチェック!

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同社は一括払いができない客に、年率99.9%の高利を求めるという、悪辣な手法で有名な会社です。

そのため、英国議会や消費者団体からは強く批判されています。

しかし、エリザベス女王の広報担当者は、

ブライト社へ投資されたことは知らなかった。

女王は個人資産や、その運用で得た所得税を納めている。

とコメントしています。

また、ヨルダン前国王の妻ヌール王妃は、英王室属領のジャージー島にある二つの信託会社から利益を得ていたと、文書にはあります。

このパラダイス文書に名を挙げられた人々は、それぞれ弁明や釈明に大わらわとなりました。

このように、今回のパラダイス文書の公開は、広範囲かつ多数の人々にも影響をあたえていることがわかります。

 

まとめ

2017年11月に公表されたパラダイス文書は、各方面に大きな衝撃を与えています。

その内容は、多くの人物や団体がカリブ海の『タックスヘイブン』に資金を移していたのです。

このパラダイス文書に名前を公開された人々は、弁明・釈明に追われ、情報流出の原因もあれこれと取りざたされています。

その中には、エリザベス女王や歌手のマドンナ氏、u2のボノ氏など、超のつく有名人も多いのです。

そのため、この公開による影響は広く深く、あちこちに波紋を描いているようですね。

1 2 3 4
ページトップへ