Amazon(アマゾン)架空請求の手口やメール内容と対処法をチェック

時事 最新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段なら、筆者は

「そんな詐欺ってほんとにあるんだなぁ…」

程度で済ませてしまうのですが、このAmazonを騙る架空請求だけは違いました。

実は、

ネットニュースになる数か月前に、筆者の元にもAmazonを騙る架空請求のSMSが届いていたから

です。

なので、

「やっぱりこれ、結構流行してるやつだったんだ…」

と、自分が詐欺の対象として狙われていたことに気づき、決して縁のないものではないと改めて痛感させられましたね。

では、具体的にAmazonを騙る架空請求とはどんな手口なのでしょうか?

 

Amazon架空請求のメール内容・手口をチェック!

Amazonの架空請求とは、一体どんな手口が使われているのか?

その手口やメール内容をチェックしてみましょう。

 

まず、これらのAmazonの架空請求は、SMS…

ショートメールサービスへメッセージを送ってくる

ことが特徴です。

実際、2017年8月に筆者のもとに届いたAmazonの架空請求は、このようなメール内容でした。

筆者としては、最初はクレジットカードの番号が間違っていたのだろうかと一瞬だけ思ってしまいましたが、すぐに、

「いやいや、SMSでこんなこと送らないだろ…」

と、詐欺だと気づき、スルーしました。

Amazonの架空請求の手口は、このようなSMSで

詳しい内容を書かず、法的手段へ移行すると強い言葉を使って不安を煽る

というメール内容になっているのが特徴です。

このような大切な事柄をわざわざSMSで送るわけがありません。

「そもそもコンテンツ利用料金ってどれだよ!」

となるのが普通です。

最近では、この文言を変えて、

「有料動画の未納料金が発生しております」

としていることもあるのだとか。

1 2 3 4
ページトップへ