アナ雪主題歌(レットイットゴー)とパクリ盗作疑惑の曲を比較考察!

音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アナ雪

しかも、大ヒットした2014年に訴訟を起こされているわけでなく、今頃になって訴訟されたというのですから、実に不思議な話です。

ことの発端は、チリ人の歌手であるハイメ・シエロさんが、自身の楽曲「Volar」と「レットイットゴー」が似ているとして訴訟を起こしたことがきっかけです。

この訴訟問題が、アメリカの有名ゴシップサイト「TMZ.com」で取り上げられ、一気に拡散したという話ですが、あのディズニーがパクリ?

ますます困惑していく話ですが、もし、仮にパクリが事実だとして捉えてみると、確かにハイメ・シエロさんの訴えは筋が通っています。

彼が「Volar」をリリースしたのは2008年

一方、アナと雪の女王がアメリカで公開されたのが2013年。

確かに先にリリースしているのがVolarであるため、仮にレットイットゴーが完全にVolarに酷似していたらパクリと言われても仕方ないでしょう。

ただし、これは、あくまでハイメ・シエロさんの言い分が全面的に正しかった場合の話…

一応、ディズニーやこの曲を歌うアメリカ人の歌手のイディナ・メンゼルさんとデミ・ロヴァートさんが訴訟されていますがまだ決着は付いていません。

後ほど検証として筆者なりの意見も述べていきますが、訴訟を起こされたタイミングといい、実に不可解な訴訟問題です。

それだけに、今後、どのような進展を見せていくのか、アニメファンの一人としてこの訴訟問題の行く末を見守っていきたいものです。

 

アナ雪主題歌(レットイットゴー)のパクリ疑惑を検証

さて、ここからは、実際に二つの楽曲を聴き比べした上で、筆者の見解を踏まえ、パクリ疑惑を検証していきたいと思います。

1 2 3 4
ページトップへ