アナ雪主題歌(レットイットゴー)とパクリ盗作疑惑の曲を比較考察!

音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アナ雪


百歩譲ってパクったとして、ここまで徹底的に違いが出るほどアレンジをするものなのか、かなり疑問です。

パクリは一種の犯罪行為です。

そんな行動を起こす以上、それなりのメリットがなければ全く割に合いませんし、パクリをする意味すらありません。

筆者自身、あえてパクリが行われていたものと、かなりハイメ・シエロさんサイドに立ち考えてみましたが、どこをどう見てもパクリとは思えないのです。

それどころか、どんどん炎上商法でないかと思えて仕方ないというのが本音です。

それだけに、今後、どのような展開を見せていくのか、まずはその動向を見守っていきたいものです。

 

アナ雪主題歌(レットイットゴー)パクリ訴訟問題の評判

最後に、ネットユーザーたちが、今回のレットイットゴーのパクリ騒動(訴訟問題)に対してどのような意見を出しているのか、まとめていきます。

まず、今回の一件に関して結論から述べさせていただくと、完全に賛否両論となっているというのが正直なところです。

筆者のように多少似ているところが見受けられるも、別の楽曲であると感じている人がいる一方、確かに似ているという人もいます。

それは、聴き手の捉え方にも影響してくる話なので、聴き手次第で意見が変わることはごく自然な話です。

ただひとつだけ言えることは、明らかにパクリであると言っている人が極めて少ないということです。

もちろん二つの曲に似ている部分があることは事実です。

ただぼんやり聴いているだけだと、似ていると感じてしまってもおかしくありません。

しかし、あくまで似ているだけの話であって、パクリを犯したと感じている人はほとんどいませんでした。

ネットユーザーたちの意見を見聞きしてもパクリかどうかは疑わしいという意見が多かったわけですから、どう考えてもパクリと証明するのは難しい。

多くのネットユーザーの意見を見聞きしていく中で、筆者自身もそのような考えが強くなっていきました。

やはりこの訴訟問題の落としどころとしては、相手側(ハイメ・シエロさんサイド)が勝訴することはまずないと考えていいでしょう。

とくに音楽に関して言えば、たった8音のみのオクターブを使って音を表現するわけですから、どうしても似通ったところが出てくるのが自然。

それがパクリなのかオマージュなのか、それともたまたま似てしまったのか、それらを判別することは非常に難しく、安直にパクリということは誰にもできません。

強いてパクリと断定するなら、明らかに誰が見てもパクリと言い切れる証拠がない限りほぼ無理と考えていいでしょう。

それは裁判所においても同じ考えだと思います。

あくまで推測ですが、明らかにパクリと証明できる何かがない限り、ハイメ・シエロさんサイド勝訴することは極めて難しいと思いますよ。

もちろん、今後の同行次第では、いろんな証拠が浮かび上がることも考えられますし、あくまでパクリと判断が難しいというのは現時点での話です。

だからこそ、今後、どのような展開を見せていくのか、その動向に注目したいと思う次第です。

 

まとめ

アナと雪の女王の主題歌「レットイットゴー」に突如舞い込んだパクリ盗作疑惑。

この問題は訴訟問題まで発展し、今大きな話題としてネット上で拡散されていますが、明らかに聴き手がパクリと批判をしている話は耳にしません。

あくまで似ているに過ぎず、このままでは、訴訟を起こしたハイメ・シエロさんサイドが勝訴することはまずないでしょう。

とはいえ、世界中で大人気となっている超有名曲に対する訴訟問題ですから、どのような決着を見せるのか、非常に気になるところ。

今後も、この訴訟問題の動向は随時注目していきたいと思う次第です。

1 2 3 4
ページトップへ