はじめの一歩の最終回を考察!パンチドランカーでバッドエンド?

漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気ボクシング漫画『はじめの一歩』がついに終了してしまう!?

週刊少年マガジンで連載中の『はじめの一歩』がついに終わってしまううわさが最近ネット上でささやかれています。

うわさの原因は、主人公「幕之内一歩」が「パンチドランカー」になってしまったことを匂わせる描写があったためです。

うわさの発端は、2017年11月8日に発売された週刊少年マガジン49号での主人公「幕之内一歩」自身が心の中で語る内容から始まりました。

100巻以上続く人気漫画はこの先どのような展開となるのでしょうか?

現在の状況から、『はじめの一歩』最終回が、どのような展開になるのか予想していきます!

 

『はじめの一歩』ってどんな漫画?

1989年から週刊少年マガジン(講談社)で連載されていて、作者は森川ジョージ先生のボクシング漫画。

現在は119巻まで刊行されている人気作品です。

いじめられっ子だった主人公「幕之内一歩」がボクシングと出会い、成長していくというストーリーの作品となっています。

主人公の一歩が得意技としている「デンプシーロール」で聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

主人公が強くなるまでの過程や、魅力的なライバルや脇役達のストーリーにもしっかりとスポットを当てる丁寧な作風が魅力的です。

また、数々の名言も魅力の1つですよね!

「努力した者が全て報われるとは限らん。

しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!」

個人的に一番好きなセリフです!

アニメ化もされており長期的に続いた人気シリーズとなっていました。

テレビシリーズが2期、OVAで1期、TVスペシャル版が1作と多く製作されているのも、人気作品ならではです!

1 2 3
ページトップへ