貴乃花親方の性格がおかしい?相撲協会や兄・母親との確執の真相

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
貴乃花親方

ただし、これは日馬富士関と白鵬関の言い分であり、貴ノ岩関の証言にある話ではありません。

いろいろ証言を探っていくと、貴ノ岩関の支援者Aさんの話では、

「あなたたちの時代は終わった」

という証言すらしていないというのです。

そもそも、貴ノ岩関は、

後輩たちとともに、今後は自分たちが相撲界を引っ張っていくと話していたに過ぎなかったとのこと…

貴ノ岩関自身一度白鵬関にも勝ったことがあり、少しずつ相撲に対して自信を深めた…

そして、将来、横綱達が引退した後の相撲界を自分たちが引っ張るつもりでいたのでしょう。

しかし、その発言がうがった物の見方をされて、白鵬関へのバッシングと受け取られてしまったというのが、貴ノ岩関の言い分でした。

仮に貴ノ岩関の言い分が正しいのであれば、完全に誤解した上で暴力を振るわれたことになり、完全なる被害者と言わざるを得なくなります。

また、仮に態度がデカかったことが事実だとしても、暴力に訴えることは、人としてやって良いことではありませんよね。

では、日馬富士関はこの一件に対して貴ノ岩関に謝罪したのか?

それは今までの報道を見ても分かる通り全く謝罪の意を一度も示していません。

まるで暴力を奮うことが正しかったと言わんばかりの態度を取っていて、礼節を重んじていないと、貴ノ岩関を批判している人間の行動とは思えません。

しかも、信じがたいのは、白鵬関をも巻き込んでウソの証言をしていたことが明らかにされたことです。

おそらく、この話は、貴ノ岩関の傷の写真が公開されたことで明らかになったのだと思いますが、日馬富士関・白鵬関の証言に明らかな食い違いが発生!

それは、平手で殴っただけ(凶器を使って殴っていなかった)という証言です。

1 2 3 4
ページトップへ