貴乃花親方の性格がおかしい?相撲協会や兄・母親との確執の真相

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
貴乃花親方

本当に性格が全く異なり、相撲道に精進していないと感じた貴乃花親方は、兄のことを批判的な目で見ていたのでしょう。

そして、この頃に世間をにぎわせた洗脳騒動も影響し、二人の距離は一気に広がってしまったと報道されていた印象を受けます。

ちなみに、この洗脳騒動とは、当時、貴乃花親方の整体を受け持っていた整体師に、ある事ない事吹き込まれたという話です。

一応、報道としては、この洗脳騒動の末に、兄である若乃花(現:花田虎上)さんを批判するようになったといわれています。

その後、貴乃花親方は、母である藤田紀子さんとも距離を置くことに…

これらの話は、連日報道されていた話でもあるので、てっきり洗脳騒動の末に、批判的になった貴乃花親方が確執を作ったとばかり思っていたわけです。

しかし、確執を作ったのは明らかに貴乃花親方に要因があるのですが、その理由は全く別の理由だったみたいです。

というのは、ある野球評論家が、自身の公演の席で、貴乃花親方と若乃花さんは異父兄弟であるとデマを語ったことが理由というのです。

ただですら、相撲部屋で過ごし、周囲からも若貴兄弟と何かとからかわれたりするのに、その上、異父兄弟なんてウソを拡散されたら…

そりゃ、誰だっておかしくなりますよ!

しかも、この公演での話が、写真週刊誌によって拡散されてしまう最悪の展開を迎えたのですから、もう目も当てられません。

当然、このことに関して、貴乃花親方の父である二子山親方は激怒。

その野球評論家も土下座して謝罪し、デマであることをしっかり説明することを条件に許してもらったようです。

しかし、時既に遅し、完全に確執は生まれてしまったため、どうすることもできず、兄弟関係の修復も果たせぬまま、現在に至ってしまっているようです。

また、一方では、

「それは違う!」

と、兄弟のあり方を母である藤田紀子さんから指摘されたそうですが、それに対して貴乃花親方は不快感を示し、母との確執も生まれていった…

真面目すぎるがゆえに、一度壊れた関係を修復させることができずに最悪な結末を迎えてしまったというのが真相だったようですね。

もちろん、これは本人たちが語っていることではないので、どこまでが本当のことなのか、確証はありません。

ただ、いずれにしても悲劇が生まれたことは事実。

できることなら、昔のように家族の仲が修復してくれることを願っていますが、まずその可能性は0と言って問題ないでしょう。

若乃花(現:花田虎上)さんも、100%修復は不可能と言っているそうですし、もう溝は埋まらないでしょうね。

まぁ、こればかりは、二人の性格の問題もあるわけですから、簡単に修復とはいかないとは思いますよ。

本当に悲しい話ですが仕方ありませんね。

 

まとめ

貴乃花親方の性格がおかしいと言う人は結構いますが、それは、ただ異端であるだけで、別におかしいわけでもなんでもありません。

少し真面目すぎる性格ゆえに、今回の日馬富士関の暴行問題も許せない気持ちが強い…

そして相撲協会にもみ消されないように警察の協力を受け、被害届を出す形で大々的にしていったことは、決して間違いではないと思います。

また、そのことと、貴乃花親方個人の問題は全く別問題なのに、すべて一緒にしてしまうメディアは、かなり責任が重い…

ジャーナリズムを提唱するなら、少なくとも、何が正しいのか何が違っているのか、最低でもそれくらいは伝えてほしいと心から願うばかりです。

1 2 3 4
ページトップへ