ギャル語流行語大賞2017一覧!ランキングトップ10の意味を解説

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


毎年1年の世相を映し出す「ユーキャンの流行語大賞」が、ニュースなどでも報道されていますよね。

今年は忖度とインスタ映えが大賞に受賞されたみたいですが、流行語で時代の流れを感じる程度では、今の時代にはついていけないかもしれません。

この裏側で行われている「ギャル語流行語大賞」はもっと強烈!

正直なところ、全く理解できないギャル語も飛び交い、ここまで世代間のギャップについていけなくなっているのかと、時代の流れを痛感させられます。

そこで、本記事では2017年のギャル語流行語対象のランキングトップ10を一覧にまとめその意味を解説し、まとめていきたいと思います。

 

驚くほどハイレベルなギャル語流行語大賞2017

ギャル

みなさんは、ギャル語流行語大賞を知っていますか?

「流行語大賞なら聞いたことがあるけど、ギャル語流行語大賞なんて聞いたこともない!」

という人が、意外と多くいるようです。

1990年代から一部のコギャルと呼ばれる若者たち(女子中学生・女子高生など…)の言葉として、ギャル語は世間に拡散されていきました。

そして、2000年代に突入し、ネット社会が進むに連れてSNSを中心に使われる言葉としてギャル語は定着…

さらに、2009年には、ギャル向けリサーチ&ランキングサイト「GRP」が毎年行う「GRP AWARD」で発表する形流行語を発表。

このことが、ギャル語流行語大賞のルーツと考えられます。

現在でもギャルだけでなく、20代30代の男性たちですら使う「リア充」も、もともとはギャル語だった言葉です。

また、広末涼子さんのヒット曲「MajiでKoiする5秒前」をもじった「マジで切れる5秒前」という言葉の頭文字を取ってMK5というギャル語も…

1 2 3 4
ページトップへ