ギャル語流行語大賞2017一覧!ランキングトップ10の意味を解説

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このように一部の言葉が常用語として認められるようなこともあり、ギャル語は一つの言葉として多くの人たちに、文化的要素も含め認知されています。

そして2017年、毎年行われるユーキャン主催の新語・流行語大賞と同じくして、ギャル語流行語大賞が、12月1日に発表されました

果たして、今年はどんなギャル語流行語大賞がトップ10に選出されたのでしょうか。

まぁ、当然というべきか、全く何を言っているのかさっぱり意味の分からない者から、意味も理解でき、その上で共感できるものまでさまざま…

後ほど、2017年のギャル語流行語大賞トップ10に関しては、意味も含めて紹介していきますが、正直なところ筆者自身も知らなかった言葉ばかり…

それだけに、こんな言葉をSNSでたくみに使い分ける女子中学生・女子高生たちのレベルの高さに頭が下がる思いですね。

 

ギャル語流行語大賞2017のランキングトップ10は?

毎年、流行語大賞が発表されるように、今年も、ギャルの中で使われるギャル語流行語大賞も発表されました。

さて、2017年はどんな言葉がギャル語流行語大賞に選出されたのでしょうか?

では、一覧でギャル語流行語大賞2017のランキングトップ10を一気に紹介していきますね。

・ギャル語流行語大賞2017トップ10

1位:マ?
2位:だいしている
3位:スタ連
4位:過去1
5位:フロリダ
6位:そマ?
7位:ちな
8位:絶起
9位:メンブレ
10位:うぼつ

以上が、今年のギャル語流行語大賞のトップ10にランクインしたワードです。

なんとなく意味が想像できるものもありますが、多くは全く理解できないギャル独特の言葉がランクインしていますよね。

もともとSNSで用いられたネットスラングが、ギャル語として定着しているみたいですが、それにしても独特の世界観を感じさせられます。

1 2 3 4
ページトップへ