菅田将暉のうたと歌詞をチェック!その歌唱力の評判や評価とは?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「音がハズれてる」

「CDと全然違う」

「本当は音痴だったの?」

と演技同様に菅田将暉さんのすばらしい生うたを期待していただけに残念なお言葉が。

この言葉からもおわかりのように、一般のひとからはソロ歌手としての菅田将暉さんのうたは下手という悪い評判となってしまいました。

 

菅田将暉の日本の音楽チャートは?

ソロデビューが発表された日の午後7時、東京渋谷駅前のスクランブル交差点5面のビジョンは一斉にジャックされ、VTRに菅田将暉さんが登場。

そして、CDデビューすることを発表するとともにデビュー曲「見たこともない景色」のミュージックビデオが初公開されました。

ミュージックビデオの中では、バックバンドを従えギター演奏も披露。

汗をかいて泥臭くても、もがき、苦しみ、必死にその先にある光に向かうというひたむきさを訴えかけています。

菅田将暉さんがはソロで音楽活動をしていくことについて

僕が音楽アーティストをやっていいのだろうか、そして僕に何ができるんだろうか?という思いはやはりどこかにあります

と率直に明かしつつも、

「だけど、今の僕にしかできないことってきっとある気がしています。

これまでにないワクワクする気持ちが生まれていて、音楽活動を自分自身が楽しみ、信じて、作品づくりをしていきたいと思います」

と意気込んでいました。

また、CDの発売日である2017年6月7日に菅田将暉本人名義としては初となるライブイベントを渋谷・WWW Xで開催。

「見たこともない景色」とカップリング曲「ばかになっちゃったのかな」そして映画「何者」で歌唱した「まだ知らない世界」のカバーを弾き語りで披露。

このようにしっかりとアピールもおこなったソロ歌手デビュー「観たこともない景色」でしたが、日本の音楽チャートはどうだったのでしょうか?

1 2 3 4
ページトップへ