今年の漢字2017!ランキングに選ばれた理由や意味をチェック!

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年の漢字


12月12日は、漢字の日ということで、毎年、その年の世相を反映した漢字1字が「今年の漢字」として発表されますよね。

昨年(2016年)はリオ五輪の金メダルラッシュや、東京都知事の政治資金問題(当時は猪瀬直樹氏)などを理由に、「金」の文字が選ばれました。

そして今年、「忖」、「安」、「乱」、「不」などの漢字が、ネット上で予想されていましたよね。

果たして、どんな漢字が「今年の漢字」として発表されるのでしょうか。

そこで、本記事にて、今年の漢字2017のランキングや理由・選ばれた意味をまとめてみたいと思います。

 

一年の世相を反映する「今年の漢字」とは?

いよいよ今年も終わりを迎えようとします。

みなさんにとって、2017年はどんな年だったでしょうか?

仕事がうまく言って出世した人もいれば、景気が悪く生活が困難な一年だった人もいることでしょう。

全体的に見ていくと、スポーツの世界では、キタサンブラックが天皇賞春・秋を制覇したり、サッカーでは浦和レッズが10年ぶりACL優勝した一年。

その他にも、北海道日本ハムファイターズを筆頭とする北海道フィーバーなど、明るいニュースも多数ありました。

ただし、それはスポーツやエンタメの世界での話…

一方、政治では、北朝鮮の核実験や、安倍晋三内閣総理大臣が、お友達への優遇処置があったのではと疑われている森友・加計問題…

その他暴言・失言議員の続出など、本当にひどいニュースが連発されてしまった一年でもありました。

当然というべきなのか、無差別な事件までも、引き続き何件か勃発され、もう、いつこの世が破綻をきたしてもおかしくない印象すら受けます。

さて、今年もそんな1年の世相を漢字1字で表す、「今年の漢字」の発表のシーズンがやってきました。

1 2 3 4
ページトップへ