ボールルームへようこそのアニメOPの歌詞の意味や評判をチェック

アニメ 漫画 音楽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年7月から始まり、ついに最終回を残すのみとなったアニメ『ボールルームへようこそ』

主人公・多々良たちのダンスに懸ける想いが熱く、幅広い層の支持を受けて、早くも第2期の放送も期待されています。

原作の面白さやアニメの作画・演出なども評価されていますが、アニメの世界を素敵に表現したOP曲がお気に入りという人も多いのでは?

第1クールと第2クールで別の曲が使われていますが、作詞・作曲・加商などを手掛けたのは、どちらも「UNISON SQUARE GARDEN」というグループです。

一体「UNISON SQUARE GARDEN」とはどんなグループなのか?

歌詞にはどんな意味があるのか?

OP曲の評判は?

など、気になる情報をまとめてみました。

 

OPアーティスト「UNISON SQUARE GARDEN」

「UNISON SQUARE GARDEN」(ユニゾン・スクエア・ガーデン)

  • 斎藤宏介(さいとう こうすけ):Vo.&Gt.
  • 田淵智也(たぶち ともや):Ba.&Cho.
  • 鈴木貴雄(すずき たかお):Dr.&Cho.

という3人組のバンド。

オリコンで最高2位を獲得したこともある実力派です。

オリジナル曲はもちろん、アニメタイアップの曲も多く、『TIGER & BUNNY』のOP曲「オリオンをなぞる」で彼らを知った人も多いのではないでしょうか。

その他にも『夜桜四重奏 〜ホシノウミ〜』『血界戦線』などの主題歌を担当していて、アニソン界でも人気が高まってきています。

テンポよく気持ちのいい曲調も素敵ですが、アニソンとなればやはり歌詞も気になりますよね!

『ボールルームへようこそ』のOP曲の歌詞について、アニメの内容と照らし合わせて解説したいと思います。

1 2 3 4
ページトップへ