須藤凛々花の麻雀番組の放送日と出演者を紹介!強さをチェック!

AKB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

番組出演者と強さをチェック!

この番組には芸能界から様々な方が出演していました。

まずは、NMB48のメンバーから順に見ていきたいと思います。

 

須藤凜々花

対局者としてレギュラー出演していました。

好きな役は『大車輪』『オープンリーチ』で、得い手は『染め手(ホンイツ・チンイツ)』です。

番組が始まってすぐの頃は

「りりぽんなのにポン(鳴き)をしない」

などと言われていました。しかし、放送回数が進むにつれて徐々に経験値を積み、鳴きをする回数も増えていったそうです。

麻雀を始めて2年程ですが、元々頭が良く、番組のおかげもあって実力はそこそこあるようです。

 

三田麻央

NMB48のメンバーで、番組には30回以上も出演しているほぼレギュラーメンバーでした。

司会者として番組を進行する能力が高く、番組出演をきっかけに麻雀を覚えました。

その為、司会兼応援役となったり、対局者となったりしながら出演していました。

また、番組出演を通して少しずつ麻雀の腕を上げ、一気通貫で何度かあがった経験もあります。

番組内では、リアクション芸人のように、罰ゲームを受けなくても良い状況なのに受けさせられるというシーンもよくありました。

 

沖田彩華

NMB48のメンバーで、番組には8回出演しました。

初めて出演する時には、すでに麻雀を覚えていたそうです。

須藤凜々花さんと三田麻央さん以外のNMB48のメンバーでは珍しく、対局者としても何度か出演していました。

 

村瀬紗英

NMB48のメンバーで、番組には8回出演しました。

第41回目の放送では対局者としても登場しました。

須藤凜々花さんが番組を卒業した為、第2代冠番組の座をかけたトーナメント戦にも出場しました。

1 2 3 4
ページトップへ