菅原裕子(ゆうこす)の脱退理由と事務所問題!モテるメイクを考察

AKB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


HKT48の初期メンバーで、『告発文騒動』や『スピード脱退』で世間からの注目を集めた、『ゆうこす』の相性でもお馴染みの菅原裕子さん。

HKT48を脱退したのには様々な理由や事務所問題があったのではないかと噂になっています。

菅原裕子さんがHKT48脱退を決意した本当の理由を探っていきたいと思います。

また、最近では10代~20代の女子に大人気となっている菅原裕子さん。

菅原裕子さんが発信している『ゆうこすのモテるメイク』もチェックしていきたいと思います。

 

菅原裕子がHKT48を脱退した本当の理由は?

2011年にAKBグループであるHKT48の第1期生オーディションに合格し、アイドルの世界に入った菅本裕子さん。

可愛いルックスと嫌みのないぶりっこ姿が人気で、『ゆうこす』という相性でも親しまれていますね。

そんな菅本裕子さんは、2012年の8月にHKT48を脱退しています。

脱退理由について本人は、

『男性ファンとのメール交流』

が原因だったことをコメントしています。

菅本裕子さんがHKT48として活動したのはわずか一年と短いものでした。

菅本裕子さんのスピード脱退に、当時はファンも世間も衝撃を受けました。

しかし、脱退の理由は「男性ファンとのメール交流」ではなく、

別の理由があるのではないか

と噂されていました。

その噂の原因になったのが、2012年8月にYahoo!知恵袋に投稿されたある告発文でした。

 

告発文には、

  • 菅原裕子さんら四人のHKT48のメンバーが、ファンの家で三人の男性ファンと泊まったこと。
  • HKT48のメンバーの内三人がアルコールを飲んでいたこと。
  • 菅原裕子さんがたばこを三本吸っていたこと。

などのことが記載されていたのです。

1 2 3 4
ページトップへ