スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーミテージ将軍はレジスタンスを攻撃するため飛行船に乗り出動します。

スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ:2『承』

その頃、レイはチューバッカやR2-D2と共にソロの愛機ミレニアム・ファルコン号で惑星オクトーを訪れていました。

行方が分からなくなっていた伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを探し当て対面するレイとルーク。

しかしルークはレイに「帰れ」と一喝します。そしてルークは親友であるハン・ソロが亡くなったことを知ります。

それでも何とかルークをレジスタンスに連れ戻そうと毎日説得に通うレイに、ルークは真意を聞き出します。

するとレイは「目覚めたフォースを上手くコントロール出来ないから師匠として教えて欲しい」と懇願するもルークは即座に断ります。

その後ルークは懐かしのファルコン号を訪れます。ファルコン号の中にはR2-D2がいて、説得を受けます。

ようやくルークも折れ、翌日から修行をつけることに。

そして3つだけジェダイの修行をつけること、そして自分こそが「最後のジェダイ」であり、ジェダイは滅びゆくということをレイに伝えます。

修行を始めたルークはレイにフォースの基礎を教えていく中で、レイの持つ強大なフォースに驚愕します。

そしてレイのフォースにかつての弟子だったカイロ・レンことベン・ソロを重ねていました。

修行を始めたレイに覚醒したフォースはカイロ・レンのフォースを感じ、フォースで会話をする様になっていました。

最初はお互いに理解できず、衝突していたレイとカイロ・レンでしたが、日を追うごとに会話が増えていきます。

一方、レジスタンスは、突如現れたファースト・オーダーの攻撃で戦闘機を破壊され、レイアのいる司令部も攻撃を受けてしまいます。

1 2 3 4
ページトップへ