スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それでも追い込まれるレジスタンスの前にルークが現れました。

レジスタンスの皆の為に、たった一人でファースト・オーダーの前に立ちはだかるルーク。

ファースト・オーダーの攻撃もものともせず、ルークはカイロ・レンとライトセーバーでの一騎打ちに臨みます。

カイロ・レンはルークに、「レジスタンスもルークも倒す」と言うが、ルークはライトセイバーを収めてしまいます。

そして「レジスタンスはこれから生まれ変わり、新たなジェダイがいるから、自分は最後のジェダイではなくなったと」伝えます。

カイロ・レンはその発言に激怒し、ルークをライトセイバーで攻撃するも突き抜けてしまいます。

実はルークの体は、オクトーにいるルークがフォースを使って飛ばした幻影だったのです。

ルークの幻影はカイロ・レンに「私は最後のジェダイではない」と告げると消滅。

オクトーのルーク本人も最後はフォースと一体化して消滅し、ルークはその波乱万丈の生涯に幕を下ろしました。

大きな犠牲を払いながらも、レイは生き残ったレイアやフィン、ポーらを連れてミレニアム・ファルコン号でクレイトから脱出。

必ずやレジスタンスに呼応してくれる星々が現れると信じて飛び立っていきました。

 

『スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ』 まとめ

今回『スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ』について起承転結でまとめてみました。

『スターウォーズ最後のジェダイ』を観に行った方なら映画のシーンを思い浮かべたかもしれませんね。

今回、この記事を書いていて劇場に行ったにもかかわらず「もう一度観に行きたいな」という感情が出てきています。

前作の『スターウォーズフォースの覚醒』と合わせて観るのもおすすめです。

2019年の12月20日公開予定の『スターウォーズ エピソード9(仮題)』も今から楽しみですね。

1 2 3 4
ページトップへ