オールアイズオンミーのキャストとストーリーあらすじをチェック

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある日のツアー終わりに2PACは、自宅にいる母・アフェニと妹の元を訪れます。

しかし、母・アフェニは薬物中毒となり、かつては党員として活躍していた輝きを完全に失っていました。

やるせない怒りとラッパーへの夢が入り混じりながら2PACは葛藤し続けます。

そして1991年11月12日。20歳の2PACは、アルバム「2Pacalypse Now」でソロデビューを果たします。

黒人への差別に対する怒りを思うままにラップで表現した2PACの詞は話題となり、瞬く間に地位と名声を手に入れた2PAC。

全てが順調にいっていた2PACにある事件が起こり、それが悲劇の幕開けとなります。

ある日、2PACはレコーディングに訪れていたスタジオで強盗に襲われ、5発の銃弾を受けてしまいます。

2PACは一命を取り留めたものの、この事件の黒幕は偶然同じスタジオにいたショーン・コムズとノトーリアスのB.I.G. だと疑います。

西海岸のDeath Rowレコードに所属する2PACは、東海岸のBad Boyレコードのショーン・コムズやノトーリアスB.I.G.を非難。

ヒップホップ界史上最悪の東西抗争へと発展してしまいます。

1996年9月7日、2PACは友人の元を訪れたラスベガスで横付されたキャデラックからの銃弾4発を受け病院に搬送。

9月13日に25歳の若さで人生の幕を閉じることとなります。

事件の引き金になった東西抗争とは?

この映画を観るにあたり外す事の出来ない「東西抗争」について少しだけ触れたいと思います。

東海岸を代表するノートリアスB.I.G.やショーン・コムズの所属するバッド・ボーイ・エンターテイメント。

西海岸を代表する2PACやスヌープ・ドッグが所属するデス・ロウ・レーベル。

1 2 3 4
ページトップへ