コナン作者(青山剛昌)の入院理由は艦これ?連載休載の真相とは

漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コナン


国民的アニメとしても大人気の漫画『名探偵コナン』。

子供化した高校生探偵の工藤新一が、幼なじみの毛利蘭の父親で、探偵の毛利小五郎の下で事件を解きながら、黒の組織の情報を集め、対峙していく推理漫画です。

その原作者・青山剛昌先生が入院中ということで、名探偵コナンが不定期掲載となる話が飛び出しました。

青山剛昌先生は、現在『艦これ』を満喫中とか…

ここ最近は、取材のためとして、たまに休載されているのも『艦これ』のためだったようです…。

この状況は、大人気”休載”漫画『Hunter×Hunter』の作者である冨樫義博先生を彷彿とさせますね。

それにしても何故、青山剛昌先生は入院されているのか、何か病気でも患っているのかと、多くのファンが心配しています。

また青山剛昌先生が、『艦これ』にハマっているという話も話題になっているので、その辺りの情報を本記事にて、まとめ考察してみました。

[adsense]

コナン作者の青山剛昌先生が入院!

青山剛昌の入院

週刊少年サンデーに登場して以来、21年目に突入している名探偵コナン。

アニメも放送されるなど、多くのファンから愛されている長寿漫画として連載され続けています。

現時点では、まだまだ黒の組織も謎の部分が多いものの、バーボン(安室透)、ベルモットなども登場。

たまに大きいバトルも展開されながら、徐々に核心に近づいているような印象もあります。

これからますますヒートアップしていく作品として、多くのファンから支持され続けていくでしょう。

 

そんな名探偵コナンの作者である青山剛昌先生。

最近、よく”取材のため”という理由で、名探偵コナンの連載をお休みすることがありますよね。

黒の組織との対決シーンも増え、密度の濃いストーリーに仕上げるために取材していると思っていましたが、実は青山剛昌先生が

1 2 3 4
ページトップへ