コナン作者(青山剛昌)の入院理由は艦これ?連載休載の真相とは

漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コナン

入院

していたため、連載を休んでいたのです。

まぁここ最近の休載以外では、青山剛昌先生は休みなく描き続けてきたわけですし、リフレッシュも含め、ゆっくり休養するくらいは良いのではないでしょうか。

青山剛昌先生の身体のことは気がかりですが、しっかり療養し、またコナンファンに気になる連載の続きを届けてほしいものです。

追記

青山剛昌先生が、しばらく入院されていたために、一時不定期掲載となっていた名探偵コナン。

2015年7月22日発売の『週刊少年サンデー34号』から完全復活されていて、既に連載も順調に継続されています。

そのことが発表された少年サンデー31号では、青山剛昌先生が

『かなりリフレッシュできた』

と、心身ともに元気になったことをコメントしていました。

これで青山剛昌先生の身体を心配していた多くのファンが安心したことでしょう。

まだまだ、黒の組織の正体もはっきりしていませんし、青山剛昌先生には名作『名探偵コナン』を最後まで描き続けていってほしいですね。

 

コナン作者の青山剛昌の入院理由とは?

入院のため、代表作である名探偵コナンが不定期掲載するようになった青山剛昌先生。

一体、なぜ入院することになったのでしょうか?

実はデスクワークの人によく見られる病気なのですが、青山剛昌先生は

椎間板ヘルニア

を発症してしまい、苦しみながらもコナンなどの漫画を描き続けていたそうです。

その痛みにも耐えられなくなってきているのか、ようやく手術に踏み切り、術後の経過を見ることと、安静に治療するために入院したようです。

手術は無事成功しましたし、青山剛昌先生は至って元気なので、いつ復帰し、退院してもおかしくないと思います。

1 2 3 4
ページトップへ