新入社員のスーツの選び方!色や柄など選び方のポイントとは?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就活

2年~3年使えるもの

そんなスーツを、選ぶべきです。

購入するブランドや店舗でも上下しますが、2~3万円もあれば、十分なスーツが購入できますよ。

 

新入社員のスーツの色や柄

続いては、新入社員のスーツ選びで悩むもう1つのポイント、スーツの色や柄についてです。

新入社員の皆さんは、就活の時に、ほとんどの人が紺色、または黒のスーツを1着は用意していますよね。

また、大学生であれば、成人式で着用したスーツで就活をした人も多いと思います。

上記のような、就活で利用したスーツは、社会人になっても着られるスーツとカウントしてもいいでしょう。

ただし、新入社員の入社式の時のスーツは、

新調したスーツ

を着ていくことをおすすめします。

新しいスーツの方が、気持ちとしても新生活という雰囲気も感じられますからね!

ちなみに、新入社員さん向けに販売されているスーツのほとんどは、

無地のスーツ

が多いです。

無地のスーツは、ネクタイなど柄のある生地とのコーディネートがしやすい利点があります。

朝の忙しい時間でも、合わせ間違えるということが少ない便利なアイテムなのです!

これらのことを考えると、ベースとなるスーツは、

無地の黒、紺、ダークグレー

などを中心に選ぶと良いでしょう。

とくに黒のスーツは、さまざまな場面で使えるため、汎用性が高くおすすめです。

 

新入社員としてスーツは何着ぐらい必要?

最後に、新入社員がスーツを用意するにあたって、何着用意すればいいのかについて紹介します。

新入社員が用意しておくと良いスーツの数は、

就活で使用していたスーツを入れて3着ぐらい

あれば、良いでしょう。

スーツは、これまでの私服と違って、

洗いすぎたり、クリーニングを繰り返すと、型が崩れて痛みやすいです。

着用し終わったら、ブラッシングをして休ませることが、スーツを長持ちさせる基本となり、とても大事なことです。

そして、何着かをローテーションして着ることにより、スーツに付着した汗などの水分を飛ばし、シワを伸ばすことも可能。

スーツを休ませてあげることを最低2日と考えると、平日5日出勤の人であれば、3着は必要になる計算…

というわけです。

ただ、これは、働く人の週の出勤日数などで大きく変わってくるので、

スーツの必要数は、働く日数次第

と言えそうですね。

 

まとめ

スーツを買う時のポイントとして、何を重視したらいいか、どんな色や柄を選ぶか、などを当記事で紹介してきました。

どんなお店で、いくらぐらいのスーツを買うのが良いのか?

これは当ブログの別の記事でも紹介していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

自分に合ったスーツでビシッと決めて、入社式では、他の同期たちに差をつけてみてくださいね!

[st-card id=6054]

[st-card id=6056]

1 2 3
ページトップへ