七つの大罪(2期)戒めの復活の新キャラクターとキャスト(声優)紹介

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外見は鎧をまとった長身の老人で古風な言葉づかいの武人気質な人物です。

小細工などはせず、直情的な性格となっています。

 

ガランの担当は岩崎ひろし

64歳の大ベテランで、主に洋画作品の吹き替えを行う事が多いです。

スターウォーズのC-3POの声の吹き替えなどで有名ですね。

 

「信仰」のメラスキュラ

ピンク色の長い髪に白いレオタードの女性で、黒い靄をまとっていて、それを操った戦い方をしていて魔力での戦いが得意なようです。

物事を冷静に見るタイプですが、酒が大好物で酔うとテンションが上がってしまうという一面があります。

 

メラスキュラの担当はM・A・O

市道真央さんの声優活動時の名前で、バラエティや舞台で活躍をしています。

なぜM・A・Oという表記になったのかは、明確な理由はないようで、初めて声優の仕事をするときに渡された台本にすでにそう書かれていたとのこと。

 

「忍耐」のドロール

四本腕の巨人族の男で、巨人族からは大地の神としてあがめられています。

普段は布袋で顔を隠していますが、まつ毛が特徴的な美形で、主に敬語で話す礼儀正しい性格です。

 

ドロールの担当は小野大輔

ジョジョの奇妙な冒険の大ファンで生きる糧と言い切るほど。

その甲斐あってかシリーズ第三部のアニメ「スターダストクルセイダース」の主人公空条承太郎役を演じることになりました。

紳士的なキャラクターを始め、熱血漢やタフガイまでかなり演技の幅が広くそれに合わせて声質も調整しています。

 

「安息」のグロキシニア

見た目はたこ足のような触手をまとっていて背中には蝶のような羽が生えている子供です。

一人称が「あたし」なので女性と勘違いしてしまいますが、性別は男性となっています。

 

グロキシニアの担当は小林裕介

10代の頃から声優になりたいという思いがあったものの、両親に大学は卒業するように言われ、就職活動の流れに乗ってそのまま就職してしまいます。

24歳になり、好きな事をやりたい思いに目覚め仕事を辞めて、声優への道へ進んだという、声優では珍しい経歴です。

第11回声優アワードで新人男優賞を受賞するなど、注目が集まる声優ですね!

 

「沈黙」のモンスピート

https://twitter.com/ramune0716_/status/900297337204953089

見た目はマントをまとった中年の男性で、性格は世話焼きなようです。

かなり離れた場所にいるメリオダスの気配を特定するほど探知能力に優れています。

モンスピートの担当は津田健次郎

たまにオカマキャラなど強烈なキャラを演じる事もありますが、低目の声質で寡黙な二枚目というキャラを演じることが多いです。

代表的な役として、「遊戯王」の海馬瀬人役が人気でしたね。

 

「純潔」のデリエリ

見た目はオレンジ色の髪と猫目の黒い紋様をまとわせた露出度の高い恰好をしています。

詳細を言わず結論だけを言うという話し方をしていて、デリエリの言いたいことは、モンスピートが通訳することが多いです。

 

デリエリの担当は高垣彩陽

声優になったきっかけは「セーラームーン」になりたかったからとのことで、声優をやれば「魔法使い」になれると思ったからとのことです。

音楽大学の声楽科出身ということもあり、歌唱力が高いことに定評があります。

ちなみに料理は壊滅的な腕前でホットケーキを真っ黒にしてしまうほど。

 

「不殺」のグレイロード

見た目は不気味な仮面が集合した黒い物体で一応性別は女性となっています。

詳細な能力は不明ですが、呪いに関する能力を持っているようです。

 

グレイロードの担当は遊佐浩二

主に好青年役が多いのですが、クールなキャラクターや軽薄だったり冷酷な役と幅広い演技が魅力的です。

本人が言うには目が余り開かないキャラクターを演じることが多いとのこと。

子供の頃は京都府に住んでいたためか、京都弁のキャラクターを演じる事も多いイメージです。

 

「敬神」のゼルドリス

メリオダスの実の弟で見た目はよく似ていますが、メリオダスとは違い黒髪となっています。

1 2 3 4
ページトップへ