ITイットそれが見えたら終わり(映画)の事件の真相と結末ネタバレ

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本国アメリカでホラー映画歴代興行収入で、1999年から首位を守り続けた「シックス・センス」。

その「シックス・センス」を押さえ1位となり話題となっている映画IT イットそれが見えたら終わり」

ホラー作家スティーヴン・キングの原作小説を1990年に映画化した「IT」のリメイクとなる本作は2017年11月3日に劇場公開されました。

今回はそんな『ITイットそれが見えたら終わり(映画)の事件の真相と結末ネタバレ』をご紹介したいと思います。

ホラー映画作品で更にネタバレになりますので観覧にご注意下さい。

 

『ITイットそれが見えたら終わり』の結末ネタバレ

『ITイットそれが見えたら終わりの結末ネタバレ:起』

1988年10月。アメリカ・メイン州の小さな町、デリーである悲劇が起こります。

土砂降りの雨の日、風邪を引いて休んでいたジョージーの兄ビルは、ジョージーの為に紙の船を作ります。

雨に濡れても大丈夫な様に防水加工を施した船は「ジョージー号」と名付けられ、歓喜しながら黄色いレインコートを着込み外へ出て船と遊ぶジョージー。

ビルは家の中で一人で遊びに出たジョージーを、不安げな表情で見つめていました。

というのもビルは吃音症で、言葉が上手く出てきません。その為、ジョージーに何かあってもすぐ助けを呼べる状態ではなかったのです。

豪雨の中、ジョージーはつい船から手を離してしまいます。その瞬間、船は流れに沿うように進んでしまいます。

懸命に船の後を追うジョージーでしたが、船は道路の排水溝の中に落ち一瞬で見えなくなりました。

1 2 3 4
ページトップへ