だがしかし2(アニメ2期)のストーリーあらすじと原作をチェック!

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ココノツは幼馴染の豆とサヤにほたると共に楽しい夏休みを過ごしていきます!

 

アニメだがしかし2期原作のストーリー

アニメだがしかし2期のストーリーを予想していきたいと思います!

ただ基本的に駄菓子の話をしているばかりなので、実際どうなるかはかなり不明なところが多いです。

さらにアニメ1期でも原作とは全然違う順番での放送だったので、アニメ2期もバラバラの順番になってしまうかもしれません。

 

ほたる突然の失踪

夏休みのある日、ほたるはココノツにホームランバーのアタリ棒を渡したっきりシカダ駄菓子に来なくなってしまいます。

夏休みが終わり、冬になってもほたるは姿を見せず、ぽっかりと心に隙間が空いたようにココノツは毎日さびしそうに過ごしていました。

さらに、シカダ駄菓子の経営悪化により店を続けることが難しい状況になってしまいます。

しかし、ほたるから預かったホームランバーの

『駄菓子屋のアタリは買った店でしか交換できない』

という決まりからほたるを待つためにも駄菓子屋を立て直すために立ち上がります!

しかし、店主のヨウが足の骨折により入院することになり、ココノツは一人でシカダ駄菓子を立ち直らせることになってしまいました。

きっと戻ってくるであろうほたるがいつ来てもいいように、人が集まる駄菓子屋にするために奮闘していきます!

 

強力なライバル出現

ココノツはボロボロのシカダ駄菓子をきれいにすることから始めます。

豆とサヤも手伝い駄菓子屋は徐々にきれいになっていくのです。

そして、駄菓子屋に必要な物を相談していきます。

駄菓子屋には、駄菓子だけではなくプラモやおもちゃ、文房具まで取り揃えているものです。

1 2 3 4
ページトップへ