ビルゲイツの名言や凄いエピソードを紹介!勝ち組成功者の言葉とは

文化人・著名人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しかし、その騒動のおかげで、ビルゲイツさんのコンピューターへの技術力が一目置かれ始めます。

ビルゲイツさんの技術に目を付けたある会社が、ビルゲイツさんにソフトウェアの作成を依頼したのです。

夏休み中だったビルゲイツさんはその依頼を受け入れ、ソフトウェア作りのバイトをしました。

その結果、会社から約250万円のアルバイト報酬を受け取ることができたそうです。

250万円も稼ぐことができたら、もうアルバイトではないような気がしますよね。

さすが、天才であるビルゲイツさんは、アルバイトも一般人とはレベルが違いますね。

アメリカ版センター試験の『SAT』で驚異の点数を叩き出す!

ハーバード大学の入学試験に向けて、アメリカ版のセンター試験と言われている『SAT』を受けたビルゲイツさん。

当時、コンピューターに夢中だったビルゲイツさんは、受験のためにほとんど勉強はしていなかったと噂されています。

そんなビルゲイツさんですが、テストの結果は1600点満点中の1590点でした。

10点しか落としていないなんて、天才としか言いようがないですよね。

しかも、ほとんど勉強という勉強はしていなかったそうですから。

一般人の頭とは出来が違うことを知らしめたエピソードでした。

存在しないソフトウェアを売り込む驚異の経営術

ハーバード大学在学中に、マイクロソフト社を創業したビルゲイツさん。

その後、MITS社のアルテア8800が売れていることに目を付け、マイクロソフト社を売り込みに行ったのです。

しかし、できたばっかりの会社だと簡単に相手をしてもらえないですよね。

しかし、天才ビルゲイツさんの営業はレベルが違ったのです。

なんと、まったく作ってもいない『開発言語ソフトウェアBASIC』がすでにできていると大嘘をつき、交渉したのでした。

そのおかげで売り込みは大成功!

見事、契約を成功させたビルゲイツさんでしたが、本当に凄いのはここからでした。

3か月後の納品を目指して、不眠不休でソフトウェアの開発に取り組んだのです。

その結果、見事に2か月でなかったはずのソフトウェアを完成させてしまったのです。

その契約からマイクロソフト社は経営も軌道に乗っていくようになり、現在の大企業への成長していったのでした。

 

以上、天才ビルゲイツさんの驚きのエピソードでした。

一般人には想像もできないような仰天エピソードばかりでしたね。

 

ビルゲイツの名言

天才ビルゲイツさんは、たくさんの名言も残しています。

ビルゲイツさんの天才ぶりが感じられ、勉強にもなる名言の数々をチェックしていきたいと思います。

ベストを尽くすことの重要性

一心不乱に働いたり、ベストを尽くすことが嫌だというなら、ここはあなたのいるべき職場ではない。

若い人の方が向上心と新しいアイデアがある

若い人を優先的に雇っている理由は、若い人の方が向上心があり、新しいアイデアがどんどん出てくるからだ。

成功は最低の教師

成功は最低の教師だ。優秀な人間をたぶらかして、失敗などありえないと思い込ませてしまう。

問題は未来にある

問題は未来にある。だから私は、過去を振り返らない。

同じ決断を二度するな

同じ決断を二度するな。最初の決断に充分時間をかけて決断を下せば、同じ問題で二度考えずに済む。

成功のカギ、選択と集中

成功の鍵は、的を見失わないこと。自分が最も力を発揮できる範囲を見極め、そこに時間とエネルギーを集中すること。

会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。

悪い情報は早く知らせる

悪い知らせは、早く知らされなければならない。

成功の秘訣とは

成功の秘訣とは?それは大きなビジョンが持てるかどうかだけ。

知識が力を持つには

「知識は力なり」

というふるい考えがあるが、これはときとして人に知識を独占する気持ちにさせる。

知識を独占することで自分が欠かせない存在になると信じるからである。

力は知識を隠しておくことからではなく、分かち合うことから生まれる。

会社の価値観や報奨のシステムもこの考えを反映すべきである。

お金より仕事の方が面白い。

いまでもお金そのものには興味がない。

仕事と莫大な富と、どちらを選ぶかと聞かれたら、仕事を選ぶだろう。

銀行の口座にある巨万の富よりも、何千人という才能あるチームを率いるスリルの方が断然面白いから。

マイクロソフトは不死身ではない。どんな会社でも失敗はする。

マイクロソフトは不死身ではない。

どんな会社でも失敗することはある。

問題は、それがいつかということ。

私の目標はもちろん、重要な位置をできるだけ長い間維持することだ。

経営トップが経費節約の模範を示す

私は模範を示さなければならない。

エコノミーを利用すれば旅費は少なくて済む。

ファーストクラスを利用しても、飛んでいる時間は変わらない。

それに、私はエコノミーの席に収まらないような体型ではない。

ものすごく太っていたり、背が高ければまた考えも変わるかもしれないけど。

金を残すことは子供のためにならない

確かなことがひとつある。

私が自分の子供たちに大金を残さないということ。

お金を残すことは彼らのためにはならない。

時間を無駄にしている暇はない

たとえばミーティングがあるときには、話すことをきちんと考えていく。

1 2 3 4
ページトップへ