Fate/EXTRA(アニメ)のキャスト(声優)とキャラクターをチェック

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Fateシリーズのゲーム『Fate/EXTRA』がアニメ化し放送されることとなりました!

『Fate/EXTRA』はこれまでノベルゲームとして展開してきたFateシリーズと同じ世界観RPGとなっています。

主人公はサーヴァントと呼ばれる過去の英雄を召喚し、何でも願いをかなえてくれる聖杯を奪い合う戦いへと挑む物語です。

すでに発表されている登場キャラクター達とサーヴァントと、それを担当するキャスト(声優)を紹介していきたいと思います!

 

Fate/EXTRAアニメに登場するキャラクターとキャスト(声優)の紹介

すでに発表されている登場キャラクターとそのキャスト(声優)を紹介していきたいと思います。

 

『月海原学園』の関係者達

主人公達のいる月にある学校で、物語の舞台となります。

 

岸浪 ハクノ(きしなみ はくの)

ゲーム版では名前と性別が自由に設定できるのですが、これがデフォルトネームとなっていてアニメでは男性主人公のようです。

本作の主人公で名前の由来は『君の名白紙(きみのなはくし)』のアナグラムとのこと。

ファンからはあるイベント中の選択肢からザビエルと呼ばれていて、男性の場合は『ザビ夫』女性『ザビ子』と呼ばれています。

物語開始時点では記憶喪失となっていて、戦う理由もわからないまま聖杯戦争のマスターとして参加してしまいました。

聖杯戦争に参加している中では魔力も少なく、自分自身の事もわからないのもあって最弱のマスターと呼ばれています。

しかしなぜか戦術眼は達人クラスで他のマスターからも高く評価されているのです。

 

岸浪ハクノを担当するのは阿部敦

元々アニメが好きで声優になったという男性声優。

熱血主人公な主人公からニヒルな青年役など幅広い演技力です。

『G.Addict』という声優グループを組んでいます。

 

遠坂 リン(とおさか りん)

Fateシリーズに登場する遠坂凛とは年代が異なる為、そっくりではありますが、別人です。

一応Fateシリーズの遠坂凛とは同じ遠坂一族とはなっている様子。

聖杯戦争ではランサーのマスターで、きつい言葉を浴びせながらもなにかと主人公の世話を焼いてくれます。

凄腕の魔術師で世界中に名前が知れ渡っているほど、優勝候補ともうわさされているくらいです。

 

遠坂リンを担当するのは植田佳奈

Fateシリーズの遠坂凛と同じ声優で、やたらとツインテールのキャラクターを演じることが多いです。

かなりのゲーマーとしても知られていて、Fateシリーズのスマホゲーム『Fate/Grand Order』もかなりやりこんでいるとのこと。

 

間桐 シンジ(まとう しんじ)

こちらもFateシリーズの間桐慎二とそっくりですが、全くの別人です。

間桐慎二とは違い、本物の魔術師でゲームチャンプとして知られていて確かな実力を持っています。

主人公の親友という役割を持って登場していて、聖杯戦争ではライダーのマスターです。

自称天才で、それに見合う実力は持っていますが、他のマスターからは実力はともかく頭は悪いと認識されています。

 

間桐シンジの担当は神谷浩史

Fateシリーズの間桐慎二も同じく担当していて、声優アワード5年連続最多得票賞により殿堂入りをしている声優です。

ラジオ番組に積極的でレギュラー番組いくつかもっているのですが、それが結構な長寿番組になっていたりします。

かなり幅の広い演技力でかっこいいキャラから面白いキャラまでより取り見取りです。

個人的にはツッコミキャラが多いイメージですね。

 

間桐 桜(まとう さくら)

健康管理AIでNPCとなっています。

元となったFateシリーズに登場する間桐桜を元にして『ムーンセル・オートマトン』が作り出したものです。

過去の人物の再現としての存在で間桐シンジとは『兄妹』の役割を与えられています。

基本的にマスター達の治療をするのが主な仕事ですが、マスター達が自己修復能力を備えていることが多い為あまり事はないらしい…

 

間桐桜を担当するのは下屋則子

Fateシリーズの間桐桜と同じ声優で、幼い少女からヒール役までこなす演技派声優です。

声優四人とOL一人のバンド「Cri☆siS」でリーダーをやっていて、担当パートはギターとなっています。

 

Fate/EXTRAに登場するサーヴァント

聖杯戦争を勝ち抜くために、主人公達に力を貸してくれる過去の英雄です。

ゲームでは三人から選ぶことができましたが、アニメではおそらくセイバーを召喚すると思われます!

 

セイバー

主人公のパートナーとなるサーヴァントとなります。

通称、赤セイバーと呼ばれていて、赤く豪奢な舞台衣装の小柄な少女です。

ゲーム中では『男装』と表現されていますが、どこからも突っ込まれることがないので、この世界ではこれが男装なのだと思います。

自分の事を万能な天才、至高の芸術と称するほどの自信家、一人称は『余』で、マスターのことは『奏者』という呼び名です。

 

セイバーを担当するのは丹下桜

1990年代から活躍していて幼い声で人気の声優です。

一時期活動を休止していたので、その声と相まって新人と勘違いされることも多いとのこと。

 

アーチャー

敵側に登場するサーヴァントで、緑色の外套を羽織っているため、通称『緑衣のアーチャー』と呼ばれています。

ファンからは略して『緑茶』とも呼ばれていて、公式の呼び名にもなってしまいました。

Fateシリーズのアーチャーは基本的に弓を使わないことが多いのですが、このアーチャーは珍しく弓を使います。

マスターは元軍人で狙撃手のダン・ブラックモアです。

 

アーチャーを担当するのは鳥海浩輔

セクシーな声質に定評がある男性声優です。

よく、このセクシーボイスに魅了されて抜け出せなくなってしまうファンも多いとのこと。

ちなみに、謎の声優ユニット『STA☆MEN』のメンバーでしたが、STA☆MENは無期限活動停止中。

 

ライダー

間桐シンジのパートナーとなるサーヴァントです。

顔に大きな傷を持った姉御肌の女性で、クラシックなデザインの二挺拳銃拳銃を使います。

銃を使うのでアーチャーのクラスと思われていましたが、マスターのシンジがうっかりばらしてしまいました。

「金銀財宝は好きだが、それを貯えることが好きなのではなく、逆にそれを散財することが好き」

という豪快な性格をしていて、戦い方も豪快な物になっています。

 

ライダーの担当は高乃麗

低い声質で少年役が多いです。

クールな少年からコミカルな役まで幅広い演技をします。

ゲームでは男勝りな女戦士役を多く担当していて、洋画の吹き替えにも多く出演していました。

 

キャスター

マスターは幼い少女「ありす」で、そっくりな見た目をして黒い服を着た少女です。

敵側のサーヴァントでマスターのありすからは「アリス」または「あたし」と呼ばれています。

幼い少女の見た目ですが、マスターのありすを勝利に導く為、かなり凶悪な能力を多数保有しているとのこと。

 

キャスターの担当は野中藍

舌足らずなしゃべり方のキャラクターを多く担当しています。

アホの子、不思議ちゃん、人外キャラなど色物をやらせたら右に出る者はいないと言われています。

 

バーサーカー

中華風の鎧をまとった武人で巨大な槍を持っています。

バーサーカー化していて、さらにマスターと意識を同一させているため機械的なサーヴァントとなっている様子。

聖杯戦争でのマスターは褐色肌のメガネ少女ラニ=Ⅷです。

 

Fate/EXTRAに登場するキャラクターとキャスト(声優)まとめ

主人公達を助けてくれるサーヴァントとなった英雄達は、クラスは判明していますが、真名はわからない状態となっています。

真名がばれると、歴史上の人物なら弱点や特徴までばれてしまいますから、隠しておくのが常套手段とされているのです。

そのため、まだ登場するサーヴァントの真名を知らない場合は、アニメを見ながら予想してみると面白いかもしれませんね!

サーヴァント同士の熱いバトルも楽しみですし、それを盛り上げてくれる声優陣には期待しちゃいます!

ページトップへ