Spiritpactアニメ1期の結末と2期のストーリーあらすじをチェック

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中国のサイトで連載されている漫画『Spiritpact』のアニメの第2期が放送されます!

耽美な雰囲気で中国では女性ファンが多く、日本での1期アニメは2017年1月から10話の放送が行われていました。

霊的バトルアクションコメディ漫画というジャンルとなっていて、原作漫画は、現在和訳中とのことです。

二人は男同士の情に溢れた、お互いを支えあう物語となっていてちょっとBL要素も入っている作品となっています。

『Spiritpact』のアニメ情報についてまとめていきたいと思います!

 

『Spiritpact』のあらすじ

主人公の楊 敬華(よう けいか)は霊能力者の末裔ですが、幼くして両親を亡くしてしまい、貧しい生活を送っています。

少しの占いと、パソコンの修理で生計を立てている23歳の青年の彼は、ある日自動車に轢かれてしまいました。

気が付くとなぜか10歳ほど若返ったみずみずしい少年となっているのです。

そばには謎の男、端木 煕(たんもく き)がいて、銀髪の超絶イケメンでお金持ちとなっています。

陽冥司(ようめいし)という職業で、世界のバランスを取る為の霊能力者の頂点に立つ存在のことです。

そこで楊敬華がすでに亡くなってしまっていることを告げます。

そして、影霊として契約をするように誘うのでした。

陽冥司を守るための守護霊のことで、陽冥司としての活動をサポートする存在のことです。

そうして、二人は鬼や妖怪と戦うなどの困難を乗り越えながら無二の親友となっていくのでした。

 

『Spiritpact』アニメ紹介とアニメ1期結末

アニメ1期は1話30分の全10話の放送となっていたのですが、実は中国版では1話15分での放送となっていました。

日本版では2話ぶんをひとまとめにして、30分アニメとして放送していたんですね。

そのため、中国版から多少カットされてしまった部分もあるとのこと。

ちなみに原作漫画も現在和訳が進んでいるとのことで、そのうち漫画版も読めるようになるかもしれないですね。

 

『Spiritpact』アニメ1期結末

霊力を失い弱っている端木熙達は、司徒律の攻撃から必死にのがれていました。

端木熙は楊敬華を逃がすことに成功しますが司徒律に倒されてしまいます。

そこに端木熙を助けるために戻ってきた楊敬華ですが、落月に体を乗っ取られてしまいました。

端木熙を守る為に戦う意味を見出した楊敬華はそれを打ち破り、復活を果たします!

「そうか、やっと分かった、これから先あんたが斬れない奴を僕が斬る」

「あんたの代わりに、僕が成敗してやるよ、あんたがこの世を護ると言うなら、この僕があんたを護る」

「それこそ僕がこの世にいる、全ての意味だ」

決意を新たにした、楊敬華は司徒律を一方的に打ち倒しました。

そして、端木家から陽冥司の座を奪い取ろうとしていた司徒の叔母の元へ向かいます。

しかし、封印されていた悪霊が目覚め暴れ始めてしまい、陽冥司としてこれを倒さなくてはならないのですが霊力が戻っていない状況。

端木熙の失われた霊力を取り戻すのに必要な、落月剣の鞘を手に入れるため、楊敬華は必死に鞘を探します。

無事に鞘を見つけだし、端木熙の霊力を取り戻すことに成功します。

端木熙の圧倒的な霊力で悪霊は跡形もなくなり、その後ろの地形も変わってしまうほどでした。

端木熙は力を取り戻し、無事に陽冥司の地位も守り、物語はこれで終わりかと思いきや…

端木熙は楊敬華を避けて過ごしていて、

「知られるのが怖い、だが何時か、あいつは全てを知る、その時は決して私を許さないだろう」

という独白。

さらに落月の

「ただ一人、千年の時を超え、私は今全ての事に終止符を打つ事ができるのか」

という意味深な言葉でアニメ1期が終了しました。

海外の映画とかでよくある感じのいかにも続きがありそうな終わり方でしたね。

 

Spiritpactアニメ2期ストーリーあらすじ

1期アニメでは語られなかった落月の正体や目的、端木煕の過去について語られることになるのではないかと思われます。

1期のラストを見る限り、端木煕は過去になにかをやらかしている様子でしたね。

また、落月もなんらかの目的を持っているようです。

そして、どうやら秘密を抱えて居そうな新キャラクター神龍章軒とはいったい何者なのでしょうか?

2期アニメがどのような物語になるのか予想してみたいと思います!

 

落月の正体と目的は?

アニメ1期のラストで何やら意味深な言葉を発していた落月ですが、どのような目的があるのでしょうか?

落月は端木家の祖先であり、楊敬華の祖先によって封印をされていたとのこと。

1期の最終話で楊敬華の魂が散らばる事で、封印は解かれてしまうということが判明しています。

そのため、封印を解く事がまず一つの目的ではないでしょうか?

そして、『全てに終止符を打つ』との発言から、封印を解いてなにかをするつもりなのでしょう。

ぱっと思いつくのは、封印を施した楊敬華の一族への復讐などですよね。

千年以上も封印されていたのですから、恨まれていてもおかしくはない気がします。

もう一つ思いつくのが、落月は初代の陽冥司でもあったので、陽冥司としての使命を果たそうとしているという可能性も考えられますね。

陽冥司だったころに行っていた方法が生贄をささげるといったものだったので、封印されてしまったということではないでしょうか。

今度こそ、生贄をささげ祭儀を行う事が目的とも考えられます!

 

端木煕と楊敬華、二人の因縁

端木煕は過去に行った何かを悔いているようです。

そしてそれを楊敬華に知られることを恐れている様子。

これが原因で、楊敬華をも避けてしまっているのかもしれませんね。

もしかすると、楊敬華が幼い頃に両親をなくしてしまったことに関係しているのかもしれません。

これまで陽冥司として悪霊に狙われ、地位や権力を人間にも狙われてきた端木煕が唯一心を開いた存在です。

楊敬華との絆も深まってきて、孤独な人生でやっと人間らしさを取り戻してきたので、なんとか解決してほしい所ですよね。

 

新キャラクター神龍章軒とは

キービジュアルにも書かれているので、かなり重要な役割を持ったキャラクターだと思われます。

端木煕に忠誠を誓っているように見えますが、周りに言えない秘密を隠しているようです。

おそらく、この秘密が重要な役割を持つと思われます!

新登場という事もあり、今の所どのような秘密なのかまったくわからないので、これは放送されるまで楽しみにとっておきましょう!

 

Spiritpactアニメのまとめ

アニメ2期では、1期では語られなかった物語の真相が明らかになっていきそうな予感がしますね。

端木煕と楊敬華、二人のこれからはどうなってしまうのでしょうか。

とりあえず、自分の使命に目覚めた楊敬華と霊力の回復した端木煕の二人ですからその辺の敵じゃ相手にならなさそうですよね。

中国アニメもどんどんクォリティが上がっていますから、アニメ2期は結構期待できそうですよ!

ちなみに放送開始はちょっと遅めで、

『TOKYO MX』2018年2月24日放送開始

となっています!

テレビ放送は『TOKYO MX』のみで行われるようで、他の放送局の情報は発表されていませんでした。

アニメを見る方法としては、ネット配信がかなり充実しているので、メインはネット配信のようですね。

そして、アニメ2期は全12話の放送とのことなので、1期よりも盛りだくさんな内容になると思われます!

ページトップへ