タヌキとキツネのアニメあらすじとキャラ設定や原作漫画をチェック

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アタモトさんが描くゆるーい漫画『タヌキとキツネ』がアニメ化されることが判明しました!

Twitterで連載されていた漫画なのですが、書籍化もされていて現在は3巻まで発売中となっています。

今後発売される4巻にはアニメのDVDがついているとのこと。

ちょっぴりぬけてるタヌキと、ちょっぴりいじわるなキツネの二匹の物語に癒されること間違いないです。

そんな『タヌキとキツネ』のアニメ情報についてまとめていきたいと思います。

 

『タヌキとキツネ』とアニメ情報

1話あたり30秒ほどと、かなり短めのアニメとなっています。

公式youtubeチャンネルで2月から配信開始予定となっていて、キャラクターボイスはついていないとのこと。

全部で18話配信されるとのことで、漫画4巻には作者のアタモトさん描き下ろしストーリーが2話追加されるそうです。

2月になったらyoutubeで18話までみることができるようになるのですね。

原作漫画の雰囲気のまま動くタヌキとキツネを眺めることができる作品になるようです。

 

『タヌキとキツネ』の原作漫画

作者のアタモトさんはWEBを中心に活動しているイラストレーター兼漫画家で、動物をメインとするゆるかわ系の作品を多く出しています。

リラクトコミックスから3巻まで発売していて、アニメを収録したDVDのついた限定版4巻も現在予約受付中です。

4巻の発売は2018年5月15日を予定していて、DVD限定でyoutubeでは公開されていない描き下ろしストーリーが追加されているとのこと。

漫画は累計50万部を突破している人気作品となっていて、文房具や生活雑貨などのグッズも発売されています。

Lineスタンプも人気で現在は第3弾まで発売されている人気っぷりです。

ちなみにゆるかわな雰囲気のLine着せ替えも発売していて、こちらも人気となっています。

 

『タヌキとキツネ』のあらすじ

お山で暮らすタヌキとキツネの仲良し二匹がゆるくかわいく遊んでいる姿を描いたものになります。

とくにこれといってストーリーがあるわけではないのですが思わず笑顔になってしまう癒し系のお話です。

ちなみに二人の出会いは子供の頃にさかのぼります。

ある日、タヌキの住むお山に迷い込んだキツネがタヌキに助けられたことから仲良くなりました。

キツネは毎日タヌキに会いに来てタヌキと遊んでいたのですが、日が暮れてもキツネは帰りません。

心配したタヌキが帰らなくても大丈夫なのかキツネに聞いたところ、

「山の行き来がめんどくさくなったからここに住む」

とのことで、一緒に暮らすようになりました。

なんとなく二人の主従関係が見える発言ですよね。

この頃からちょっといじわるなキツネといじられ役のタヌキという関係が出来上がっていたようです。

タヌキはいつもキツネにいじわるされたり、逆にいたずらを仕掛けようとして失敗したりしています。

そんなタヌキにいじわるばかりしているキツネもなんやかんや言っていつも遊んでいますからキツネはかなりのツンデレなんですねきっと。

ケンカをしてもすぐに仲直りしてしまうくらい仲良しな二人に、お山の仲間達も参加するほのぼの物語となります。

『タヌキとキツネ』のキャラ設定

何時も仲良し二人組のタヌキとキツネにお山の仲間達を紹介していきたいと思います。

コミカルな動きで癒してくれる動物たちですが、キャラクターボイスはついていないようです。

 

タヌキ

本作品の主人公でタヌキ山に住んでいます。

のんびりしていておっちょこちょいな面もあり、天然な感じがするキャラクターです。

キツネにいじられた後のアンニュイな感じがまたかわいいんですよ。

いつもキツネにいじられていますが、きつねのことが大好きなところが伝わってくるところなんかもあって、かわいいやつですね。

食べ物も大好きな様子でよく食べ物につられてしまったり、つまみ食いをしてしまいます。

特技はいい音が鳴る腹太鼓と折り紙で作った手裏剣もよく使って遊んでいます。

あと、ふしぎなことによく身体が餅みたいにびよーんと伸びます。

 

キツネ

タヌキにいつもちょっかいをかけていてちょっといじわるなところもあります。

しかし、タヌキの事が大好きなので素直になれない性格のいわゆるツンデレというやつなのです。

タヌキが他の動物に襲われていると勘違いして助けたり、食べ物をタヌキに分けてあげたりと実はかなり優しいところがあります。

タヌキをからかう為なのか、『かちかち山』の絵本を読んでいることが多いです。

ちなみに怒ると顔にしわができて、ものすごい顔になるのですが、個人的にはかなりツボにはいりました。

キツネなだけあって油揚げが好きです。

 

オオカミ

一匹狼なのかいつも一人でいて無口なところがあります。

なぜかタヌキに懐かれていて、ちょっとキツネに嫉妬されているところもありますが、結局仲良く遊んでいます。

クールに見えて昼寝をしているタヌキとキツネの二人に布団をかけてくれる意外と面倒見が良いです。

最近タヌキの触り心地が良いことに気づいて、キツネと一緒にタヌキをひっぱったり枕にしていたりします。

 

クマ

遊んでいると時々現れてきます。

かなり力が強く、加減ができないようでタヌキを撫でようとしてつぶしてしまうほどの力。

引っ張ってタヌキが伸びきってしまったりしてしまうシーンが個人的には好きなシーンです。

タヌキとキツネの二匹はちょっとクマの事を怖がっているところがあります。

しかし、タヌキが襲われていると勘違いして立ち向かうキツネの姿が素敵すぎますよ!

 

ウサギ

たまに出てきて、タヌキとキツネの衣装を作ってくれたりします。

ブドウからジュースを作ってワイン風に飲んでいたりもするので、器用なのでしょうか。

登場はそんなに多くないので、いまいちキャラがつかめません。

 

トリ

みどり色の小さな鳥でいつも何羽か一緒にまとまって登場します。

タヌキと一緒にキツネにいたずらを仕掛けようとしたり、一緒に遊んでいるようですね。

ウサギと同じであんまり登場は多くないです。

ちなみに一発ギャグとして、並んで枝の上に寝転んで『焼き鳥』というものでした。

 

かちかち山

キツネがよく読んでいる絵本ですが、念のため簡単に紹介しておきましょう。

話の内容は悪い事をしたタヌキを懲らしめるという内容となっています。

芝刈をして、背中に背負っているタヌキの後ろで火打石をたたく『かちかち』という音がタイトルの由来ですね。

そうして背中に火をつけられてしまったタヌキは背中に大やけどを負ってしまうのでした。

そのあと、やけどしたところに薬とだまされ唐辛子入りの味噌を塗られてしまい、さらに苦しむことに…

最後には泥でできた船に乗せられてしまい溺れてしまいます。

悪いタヌキの物語なのですが、本作品に登場する狸もこの『かちかち』という音が怖いようで、キツネがからかうのによく使っています。

本作品に出てくるタヌキはみんな良い子なので、こんな目に合う事はないと思うのですが…

 

『タヌキとキツネ』アニメのまとめ

ひたすらにゆるくてかわいい動物たちの物語です。

ゆるかわな動物たちに癒されること間違いなしなので、放送が楽しみですね。

アニメも楽しみなのですが、原作漫画もフルカラーで癒し系なのでこちらもおススメですよ。

WEB版の漫画と追加で描き下ろしもあったりするので、WEB版で読んでいた人もあらためて楽しめるようになっています。

2018年2月から配信開始とのことですが、残念ながら具体的な日付は発表されていない状況です。

今後発表されるであろう情報が待ち遠しいところですね…

配信が開始されたらゆるかわな動物たちに癒されたいと思います!

ページトップへ