シェイプオブウォーターのレビューや感想を紹介!結末ネタバレ注意

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イライザは、ゆで卵をアセット=謎の生き物に与え、音楽を聴いたりダンスを一緒に踊ったりして、一緒の時間を過ごすようになっていきました。

そしてイライザとアセット=謎の生き物は次第に心を通わせて親しくなっていきます。

『シェイプオブウォーター』:承

ストリックランド調査官の上司、ホイト将軍は、アセット=謎の生き物に興味を持っていました。

ホイト将軍の目的は、宇宙旅行の技術進歩のため、アセット=謎の生き物を研究材料として欲しがっていたのでした。

ソビエトのスパイであるロバート・ホフステレル研究員は、「研究の為にアセット=謎の生き物を殺すべきではない」と訴え続けていました。

しかし、ロバートの発言は聞き入れてはもらえず、イライザはその会話を偶然聞いてしまいます。

ロバートの上司は、ロバートにアセット=謎の生き物を安らかに処分するように命令をします。

ショックを受けたイライザは、アセット=謎の生き物を逃がそうと計画ます。

そしてアセット=謎の生き物が安らかに処分される日、秘密研究所の研究者のジャイルズに一緒にアセット=謎の生き物を逃がして欲しいと依頼します。

ロバートが安らかに処分させようと準備していると、イライザのアセット=謎の生き物救出計画に気付きます。

ロバートはイライザを手助けしようと思いつきます。

そんな中で、偶然イライザの同僚で、イライザを妹のように可愛がっているゼルダに見つかってしまいます。

イライザ達はアセット=謎の生き物の存在をゼルダに明かします。

『シェイプオブウォーター』:転

1 2 3 4
ページトップへ