鬼太郎の母親・目玉のおやじの嫁は誰?キャラクター設定をチェック

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『ゲゲゲの鬼太郎』がアニメ化してから50周年記念として、アニメの放送されることが決定しました!

キャラクターデザインや声優陣も一新されて、再度アニメ化ということでかなりの盛り上がりを見せているようですね。

鬼太郎は何度もアニメ化されていているので、なんとなくでも鬼太郎の事を知っている人が多いと思います。

しかし、詳しいキャラクターの設定は知らないという人が多いのではないでしょうか?

今回は鬼太郎の詳しい設定について、まとめていきたいと思います!

 

鬼太郎の母で目玉のおやじの嫁は誰?設定は?

鬼太郎の父親は目玉のおやじという事は誰でも知っていることかと思います。

しかし母親については知らない人が多いのではないでしょうか?

その鬼太郎の母で目玉のおやじの嫁について調べてみました!

 

鬼太郎の母親『岩子』について

名前は『岩子』という人間の女性です。

かの有名なお岩さんの親戚にあたる人物で、わずかですが妖力ももっていたとのこと。

お岩さんは『四谷怪談』に登場する有名な人物ですね。

鬼太郎を身ごもったまま亡くなってしまうのですが、その埋葬された墓場で鬼太郎が生まれます。

鬼太郎は、自力で墓場から這い出てきたということです。

地獄の決まりでは人間族と幽霊族の結婚はできないものとなっているのですが、岩子は夫が幽霊族とは知らず結婚してしまいました。

そのため、罰によって地獄の虫の番をするようになってしまいます。

原作では鬼太郎が岩子と再会し地上に連れて帰ろうとするも、地上の空気に触れた途端に、岩子は灰になってしまいました。

灰になっても意志は残っていて、自ら灰壺に入り鬼太郎の家で一緒に過ごすようになります。

その後はとくに登場することはなくなってしまいましたが、きっといまでも一緒に暮らしていることだと思います。

 

鬼太郎の父親、目玉のおやじについて

ついでなので、目玉のおやじについても触れておきたいと思います。

見た目は目玉に体が生えているという不思議な体をしているのですが、元々は目玉だけではなかったのです。

鬼太郎と同じく幽霊族の人物だったのですが、身体が溶けてしまうという病気にかかってしまいミイラ男のような姿をしていました。

鬼太郎を妊娠している岩子との生活を守るために血液を売っていたのですが、それを輸血した人が幽霊になるという事件が起こります。

しかし、目玉のおやじは岩子と共に病気で亡くなってしまいました。

一人となってしまった鬼太郎を案じて、自分の目玉に魂を移して生き返って今のよく知る見た目になったのです。

鬼太郎を心配する父親の愛情ですね!

 

他の鬼太郎の関係者との設定

アニメが放送された時期によって設定が変わる事もあるのですが、これまでに登場した鬼太郎の関係者についてまとめていきます。

毎回設定がちょっとずつ変わっているので、今回の放送に関してはまた違う設定になっている可能性もあるので気をつけましょう。

 

毛目玉

目玉のおやじに毛が生えた見た目をしていて、目玉のおやじのいとこという設定です。

ベトナムで100年もの間眠っていたとのこと。

アニメ版ではとくに親戚であるという描写はありませんでした。

 

雪姫

鬼太郎の妹という設定の小さな子供です。

しかし母親の岩子はすでに亡くなっていて、目玉のおやじもあの姿になっているのに妹がいるのはおかしいのではないでしょうか。

同じように鬼太郎達もおかしいと思うのですが、閻魔大王の保証書がついていて妹であることは間違いないとのこと。

実は地獄の虫の世話をしている岩子が地獄で第二の人生を歩み、生んだ子供が雪姫だというのです。

小さな子供ですが妖力を持っていて念力を操る事ができます。

 

寝太郎

鬼太郎の兄という設定で登場時は鬼太郎によく似た姿をしています。

鬼太郎とそっくりの技を使う事ができて、幽霊族の住める土地を探す旅に出ていました。

しかし、幽霊族が住める場所を見つけるも、ムー人に土地を奪われ捕まってしまうも脱出してきたのです。

そしてムー人が地上を侵略しようとしているという事を告げると力尽きて液体になってしまい壺におさめられます。

その後、再生するも赤ん坊の姿になってしまいます。

しかし、その正体はムーの王子で国を乗っ取られてしまったため鬼太郎に助けを求めてきたのでした。

この寝太郎は兄ではありませんでしたが、寝太郎と聞いてそれを兄扱いする鬼太郎からすると本当に寝太郎という兄がいると思われます。

 

メリー

なんと、ニューギニアにいる鬼太郎の現地妻です。

ニューギニアにある幸福の島というところに住む酋長の娘で、鬼太郎のピンチを救い、鬼太郎と一緒に暮らしているという設定でした。

しかし、いつのまにか鬼太郎は日本に帰ってきていてメリーも登場しなくなってしまいました。

 

ヒロインのねこ娘の設定

各シリーズごとにねこ娘の立ち位置も変わっていて、ヒロインではない時期もありました。

ねこ娘との恋愛模様はアニメオリジナル要素であることが多く、原作でも取り入れられていたのですが、その描写は多くはなかったです。

そんなねこ娘と鬼太郎の関係をまとめていきます!

 

アニメ1期のねこ娘

鬼太郎の親しい友人として登場します。

メインキャラクターではなくゲストキャラクターとしての登場でした。

 

アニメ2期のねこ娘

このころは今ほど仲が良くはない様子。

鬼太郎が

「猫ちゃん」

と呼んで顔を赤らめるシーンがあったり食べ物の差し入れをしたりということがありました。

 

アニメ3期のねこ娘

鬼太郎にわかりやすく好意を示していて、積極的にアプローチをしています。

しかし、夢子という強力なライバルが出現してしまい、ヒロインの座を奪われてしまいがち。

妖怪に髪の毛をすべて奪われてしまうという事件があり、

「お嫁にいけない」

と悲しむねこ娘に鬼太郎が

「行くところがなければ貰ってやるよ」

と発言しねこ娘は顔を真っ赤にしてしまいます。

 

アニメの4期のねこ娘

ねこ娘と鬼太郎は相思相愛だけども恋人同士ではないという設定です。

ねこ娘が鬼太郎達の家に入り浸ったり、一緒に出掛けるというシーンも描かれていました。

 

アニメ5期のねこ娘

ねこ娘は鬼太郎に好意を寄せているのですが、鬼太郎は鈍感という感じになっています。

鬼太郎の家に入り浸っていたりして、ねこ娘が鬼太郎にヤキモチを焼いたりしますが、なぜ怒っているのかわからない様子。

ねこ娘が目玉のおやじのことを父さんと呼ぶことに対して鬼太郎は

「俺の親父を父さんと呼ばないでくれよな」

という言葉を発してしまいます。

また、目玉のおやじが

「お嫁にはねこ娘なんかどうじゃ」

と言ったことに対して

「悪い冗談はやめて下さい」

と言ってしまうなど、ねこ娘のことはただの仲間としてしか見ていない様子です。

まるでラブコメの主人公みたいですね。

アニメ5期の鬼太郎はけっこう女性にモテていて、多くの人間妖怪問わず女性に好意をよせられていました。

 

鬼太郎の関係者の設定まとめ

鬼太郎の出生の秘密は結構重たい物語となっていましたね。

しかし、両親はなくなってしまったはずですが、現在も妖怪として生きているので寂しくはないのかもしれません。

ねこ娘との関係も今回放送されるアニメでどうなるのか気になるところですし、新キャラクターも登場しますからね。

しかも今回のねこ娘はすごいかわいいですから、鬼太郎としてもかなりドギマギしてしまうかもしれません。

でも鬼太郎って現地妻がいるんですよねぇ…

そんな鬼太郎の放送開始は2018年4月1日から放送開始ですから、今回のアニメではどういった関係になるのか楽しみですね!

ページトップへ