花澤香菜(声優)の出演ドラマの放送日と放送局を紹介!役の設定は?

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


あの人気声優の花澤香菜さんがテレビドラマに出演することが判明しました!

メ~テレの連続ドラマ『名古屋行き最終列車2018』に出演するとのことです。

ドラマに出演するのは高校生以来とのことで、自分の姿が映ることは

「新鮮だと思います。恥ずかしいですけど」

と照れた様子でコメントをしていました。

テレビドラマ内では声優と女優の両方の花澤香菜さんを楽しめるお得な内容とのことです!

花澤香菜さんが女優として活躍するシーンはあまり見たことがないのでどのような演技をするのか気になりますね。

今回は花澤香菜さんの出演ドラマの詳細についてまとめていきます。

 

花澤香菜(声優)の出演ドラマ『名古屋行き最終列車2018』

このドラマはメ~テレの開局55周年記念特別番組となっています。

2012年に開局50周年記念として第1弾が放送されて、だいたい1年おきに新作が発表されていて、今回は第6弾です。

これまではスペシャルドラマとして放送されていましたが、今回は全10話の連続ドラマとなっています。

 

名古屋行き最終列車のあらすじ

名古屋鉄道の地方の駅から名古屋駅へ向かう最終列車を舞台としているドラマとなっています。

名古屋鉄道の協力を得て制作されているドラマとなっていて、終電後の撮影や臨時列車を走らせての撮影などかなり本格的です。

色々な登場人物が登場するオムニバス形式のドラマとなっています。

電車を地球そのもの、人生の縮図と考えていて、普段はレールのように交わる事のない人々が交差する物語です。

そこから発展するドラマを地域色豊かに展開していきます。

さらに、現実の時間とリンクしていて、前回のシリーズから一年経っているという設定で物語が進みます。

前回から登場人物がどのような変化をしているかを見る事ができるという少し変わった方式のドラマですね。

 

花澤香菜(声優)の出演ドラマの放送日と放送局

花澤香菜さんは『名古屋行き最終列車2018』の第3話に出演するとのことで、2018年1月29日0時20分から放送開始となっています。

放送局は東海エリアの名古屋テレビで視聴可能です。

その他では、見逃し放送として視聴可能となっています。

  • ひかりTV
  • TVer
  • テレ朝キャッチアップ

ひかりTVでは4K版のビデオ配信もしているので、こちらであれば時間にとらわれず見る事ができるようになっています。

 

花澤香菜(声優)が担当する役の設定

携帯電話を紛失してしまい、拾い主の小林豊さんに携帯電話を名古屋駅の忘れ物センターに届けてもらうという役です。

役名は藤田未来で、天然な明るさと強引さを持った親しみやすい雰囲気の女性という役とのこと。

さらに小林豊さんの大ファンという設定となっていて、相手がそうとは気づかずに会話をしていくのです。

最初は顔が見えないまま小林豊さんと電話で会話をしていくのですが、そこはさすが声優というだけあって、かなり良い演技だったようです。

しかし、声優と女優の違う所を感じたとのことで、事前に監督と相談しながら役作りするなどしていたとのこと。

高校生以来のドラマ出演でしたが、話し合いながらできるというのは心強かったと話しています。

自分と違うキャラクター性で演じるのが難しかったとのことですが、コメディー感ある演技なども相談しながら役作りをしていったとのこと。

普段は出ない表情なども役として出していたとのことなので、花澤香菜さんのファンとしても見逃せないものになりそうですね。

小林豊さんとの共演ですが、花澤香菜さんの役はすでに恋人がいるという設定で、小林豊さんとの恋愛要素はないとのこと。

今後は、声優とのつながりから生まれた舞台には挑戦していくとのことで、女優業も機会があれば挑戦していきたいそうです。

プロデューサーは花澤香菜さんを起用するにあたって

「この話は最初、電話の声だけなので声が魅力的な人がいいなと思ったんです。」

「人気の声優さんがいいと思い、調べたら演技力が一番高い人が花澤さんでした。」

「先に電話の声だけ撮ったのですが、それを聴くとワクワクしてくるんです。」

「人気声優のトップの方のすごくテンポ感のいいしゃべりがまずあって、小林君が電話を取ってお芝居をつけていくんですが」

「アニメ界と実写界の融合みたいな。」

「このやり方で今後なにか新しくできるんじゃないか、という夢のある形になっています」

さすが一流の声優なだけあって、声の演技に関する評価はかなり高いようですね。

今後も声優がドラマに出演するようになっていくのかもしれません。

 

花澤香菜(声優)が出演する『名古屋行き最終列車2018』の第3話あらすじ

東海エリア発の男性十人組ユニット『BOYS AND MEN(ボイメン)』の小林豊さんが本人役として登場する回となっています。

小林豊さんは単独ライブを終え電車で名古屋へ帰る途中でした。

一人電車の中でファンからの手紙を読んでいると、その中に携帯電話が紛れ込んでいるのを発見します。

そして落とし主の女性に名古屋駅の落とし物センターに届けてほしいと頼まれるという物語です。

しかし、途中で何度も途中下車することになってしまったり、拾った携帯電話へ厄介な電話がかかってきたりしてしまいます。

無事携帯電話を届ける事はできるのでしょうか。

 

これまでの名古屋行き最終列車

せっかくなので、これまでの名古屋行き最終列車2018のストーリーについてもおさらいしておきたいと思います。

オムニバス形式なので、花澤香菜さんが登場する回とはあまり関係はないかもしれませんが…

魅力的な物語となっているので、興味が出てきた場合は見てみるといいかもしれません。

 

第1話

松井玲奈さんが演じる吉川一美が主人公の物語です。

広告代理店に勤務していて社内の新規事業の提案が採用され、その部署の部長になるのですが、なんとその会社が倒産してしまいました。

定職に就かずにいたのですが、とあるきっかけで『私が最終列車に乗る理由』というドキュメンタリーのレポーターになります。

そして、堀内敬子さん演じる加納由香というプロボウラーと出会い取材をしていきます。

しかし、加納由香の働くボウリング場で思いもよらぬ物語がまっていました。

 

第2話

吹越満さん演じる深見圭介と松下由樹さん演じる深見奈美の夫婦の物語です。

宮﨑香蓮さん演じる娘の深見美咲は学校に通うため、東京で一人暮らしすることになったのですが、今回帰ってくることになりました。

しかし、妊娠していることが判明します。

深見奈美は温かく迎えるも、深見圭介はその事実に狼狽してしまい、納得できません。

ぎくしゃくした親子関係となってしまったなか深見圭介は重大な決断をします。

 

花澤香菜(声優)の出演ドラマ『名古屋行き最終列車』のまとめ

高校生のとき以来のドラマ出演という事で、花澤香菜さんがテレビでも活躍するとはすごいですね!

オムニバス形式で、同じ舞台の物語ではありますが話同士はそんなに繋がっていないようなので今回から見始めても大丈夫そうです。

花澤香菜さんが登場する第3話の放送は2018年1月29日からとなっていて、見逃してしまった場合は各サイトで見逃し放送もあります。

また、ひかりTVではビデオ配信も行われるのでどちらも見れなかった場合でも安心ですね。

これをきっかけに声優さん達がドラマに出演するようになっていくかもしれません。

俳優さんや女優さんが声優業を行うという事もあるので、今後お互いに行き来するようになるのではないでしょうか。

ページトップへ