金田一37歳の事件簿のあらすじと登場キャラクター設定を調査!

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気推理漫画『金田一少年の事件簿』の正式な続編が連載開始です!

正式なタイトルは『金田一37歳の事件簿』となっていて、20年後の物語となっています。

漫画雑誌イブニングの新連載として始まる漫画で、原作は天樹征丸さん漫画はさとうふみやさんの前作と同じコンビです。

「あの少年が大人になって帰ってきた!ミステリー漫画の最高峰、ここに降臨!!」

大人になった金田一の物語となるようです。

物語のあらすじや登場キャラクターについてまとめていきたいと思います。

 

金田一37歳の事件簿のあらすじ

前作から20年後の物語となっていて、主人公の金田一 一(きんだいち はじめ)は37歳となっています。

当時高校生だった金田一はサラリーマンになっていて、万年主任という立場でPR会社に勤めているようです。

「もう謎は解きたくないんだぁぁぁぁ~!!」

と叫んでしまうほどで、事件に出会うのはもう嫌な様子。

散々事件に遭遇していましたから、仕方がないのかもしれませんね。

しかし、サラリーマンになった金田一にも事件は容赦なく襲いかかるとのことです。

「見た目は衰えても、閃きは衰えず!」

頭脳明晰なところは数々の経験をしてきて、さらにパワーアップしていると紹介されていました。

第1話ではさっそく数々の事件の舞台となった歌島に仕事で行くことになってしまいます。

歌島とは、オペラ座館という3度も事件が発生した建物があったかなりいわく付きの場所です。

これで4回目の歌島への上陸ですが、また事件が発生してしまうのでしょうか…

オペラ座館は3度目の事件の時に火災でなくなってしまいましたが、このいわく付きの島でもきっと事件が発生するんでしょうね。

1 2 3 4
ページトップへ