金田一37歳の事件簿のあらすじと登場キャラクター設定を調査!

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気推理漫画『金田一少年の事件簿』の正式な続編が連載開始です!

正式なタイトルは『金田一37歳の事件簿』となっていて、20年後の物語となっています。

漫画雑誌イブニングの新連載として始まる漫画で、原作は天樹征丸さん漫画はさとうふみやさんの前作と同じコンビです。

「あの少年が大人になって帰ってきた!ミステリー漫画の最高峰、ここに降臨!!」

大人になった金田一の物語となるようです。

物語のあらすじや登場キャラクターについてまとめていきたいと思います。

 

金田一37歳の事件簿のあらすじ

前作から20年後の物語となっていて、主人公の金田一 一(きんだいち はじめ)は37歳となっています。

当時高校生だった金田一はサラリーマンになっていて、万年主任という立場でPR会社に勤めているようです。

「もう謎は解きたくないんだぁぁぁぁ~!!」

と叫んでしまうほどで、事件に出会うのはもう嫌な様子。

散々事件に遭遇していましたから、仕方がないのかもしれませんね。

しかし、サラリーマンになった金田一にも事件は容赦なく襲いかかるとのことです。

「見た目は衰えても、閃きは衰えず!」

頭脳明晰なところは数々の経験をしてきて、さらにパワーアップしていると紹介されていました。

第1話ではさっそく数々の事件の舞台となった歌島に仕事で行くことになってしまいます。

歌島とは、オペラ座館という3度も事件が発生した建物があったかなりいわく付きの場所です。

これで4回目の歌島への上陸ですが、また事件が発生してしまうのでしょうか…

オペラ座館は3度目の事件の時に火災でなくなってしまいましたが、このいわく付きの島でもきっと事件が発生するんでしょうね。

 

金田一37歳の事件簿のキャラクター設定

金田一 一(きんだいち はじめ)

本作品の主人公で、前作から20年経って37歳になっています。

現在はPR会社のサラリーマンとして働いていて、万年主任という立場のようです。

頭脳明晰さはそのままで、20年を経てさらにパワーアップしているとのこと。

しかし、もう謎解きはしたくないと発言をしていて、もう事件には出会いたくないようです。

「もう謎は解きたくないんだ…お前ならわかってくれるよな?美雪…」

こんな発言をしていて、謎解きをしたくない理由は、ただ面倒だからではない、深い理由がありそうですね。

物語が進むにつれて、この辺の理由も明らかになっていくと思われます。

連載の第1話では、しがないサラリーマンで汚い部屋で寝起きしているというだめだめっぷり。

高校生の時から成績が悪くてサボリ癖があったので納得の姿ですね…

ちなみに、大人になってもスケベなところは変わらず、隣に住む美人なシングルマザーにデレデレしてしまいます。

そんな金田一は仕事で数々の事件が発生した歌島に後輩の女性と向かう事になりました。

 

七瀬 美雪(ななせ みゆき)

助手という立ち位置でほぼ毎回登場していたヒロインです。

金田一のことを「はじめちゃん」と呼んでいて今作でも同じように呼んでいる様子。

現在は大手航空会社のチーフパーサーという立ち位置のようです。

いわゆる客室乗務員のことでかなりのエリート街道を進んでいるようですね。

今でも金田一とやり取りをしていて、LINEでのやり取りをしているシーンがありました。

「ハジメちゃんちゃんとご飯食べてる?」

とのことで、世話焼きなところは相変わらずのようです。

後輩の女性と一緒に仕事で歌島に行くことになった金田一は、同僚に

「七瀬さんにバレないようにな」

と言われているので、かなり近しい関係である事がうかがえますが、

「は?なんだよそれ!?」

と金田一が返しているところから、明確に結婚をしていたりするような関係ではないようです。

今作でも、持ち前の観察眼の鋭さなどで活躍するのではないしょうか?

 

明智 健悟(あけち けんご)

原作者がTwitterで登場すると発言していたので登場することは間違いないと思います。

警視庁の警視で、エリート中のエリートで金田一も認めるほどの頭脳の持ち主で、ライバル関係の相手です。

当時は28歳だったので今作では48歳となっているので、かなり出世しているのではないでしょうか?

 

葉山 まりん(はやま まりん)

金田一の会社の後輩で23歳の女性です。

明るく可愛らしい性格のようで、金田一の事を慕っている様子。

歌島では二人チームでの仕事ということで、金田一と一緒に歌島へ向かう事となります。

海が好きとのことで、

「あたし海とか好きなんです。名前がまりんなだけに」

という冗談を言うような明るいタイプで、歌島での仕事に立候補するところではちょっと強引に話を進めるところもあるようです。

金田一も一緒に歌島へ行くことに喜んでいたので、まんざらでもない様子ですがいつものスケベ心から来るものではないでしょうか。

美雪はパリにいるとのことなので、今回の助手役は葉山まりんが担当することになるかもしれません。

 

金田一37歳の事件簿の実写化

過去に何度も実写ドラマ化しているので、もしかすると今回も実写化するのかもしれません。

ネット上でも、今回の漫画も実写化するのではないかと、話題になっていました。

一番最初の実写化は堂本剛さんが金田一役をやっていたのですが、現在38歳になっていて、今回の金田一役にという声があがっています。

年齢的にもちょうどいいですし、実写の金田一は堂本剛さんのイメージが一番強いようですね。

20年くらい前に金田一役をやった堂本剛さんが20年たった金田一役をやるとなると胸が熱くなります!

 

金田一37歳の事件簿の最初の舞台『歌島』

最初の物語の舞台となった歌島では過去にどのような事件が行ったのか簡単にまとめていきます!

 

第1の事件『オペラ座館殺人事件』

金田一少年の事件簿で一番初めに解決した事件です。

孤島の歌島にあるリゾートホテルオペラ座館が舞台となっていてフランス文学『オペラ座の怪人』になぞらえた事件です。

犯人は自らをファントムと名乗っていて、白い仮面をつけているという共通点があり、照明器具により最初の被害者がつぶされてしまいます。

ドラマ版やアニメ版でも人気な話となっているのですが、少しずつ物語が変更されていました。

 

第2の事件『オペラ座館・新たなる殺人』

オペラ座館が新築されることとなりました。

初めて劇場アニメとなった事件でもありますね。

劇場版では物語の内容が変わっていて、もう一人のファントムが登場したりもしました。

 

第3の事件『オペラ座館・第三の殺人』

アニメ版では『オペラ座館・最後の事件』というタイトルの事件で、これまでの事件よりも『オペラ座の怪人』に近い雰囲気です。

この事件でオペラ座館は火災によりなくなってしまいました。

 

金田一37歳の事件簿のまとめ

20年後の金田一は何も変わっていないようにみえて、謎解きを行わなくなっていました。

いったいこの20年の間に何があったのでしょうか?

また美雪との関係はどのようになっているのかというのも気になりますね!

そして、謎解きをしたくない金田一に押し寄せる事件はどのようになるのでしょうか。

『金田一少年の事件簿』と同じコンビで連載されているので、内容に関しては間違いないものになると思います!

そして実写化ももしかしたら作られるかもしれませんね!

金田一37歳の事件簿は2018年1月23日発売の漫画雑誌イブニングで連載開始なので、見逃さないように注意しましょう!

ページトップへ