金田一37歳の事件簿のあらすじと登場キャラクター設定を調査!

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

金田一37歳の事件簿のキャラクター設定

金田一 一(きんだいち はじめ)

本作品の主人公で、前作から20年経って37歳になっています。

現在はPR会社のサラリーマンとして働いていて、万年主任という立場のようです。

頭脳明晰さはそのままで、20年を経てさらにパワーアップしているとのこと。

しかし、もう謎解きはしたくないと発言をしていて、もう事件には出会いたくないようです。

「もう謎は解きたくないんだ…お前ならわかってくれるよな?美雪…」

こんな発言をしていて、謎解きをしたくない理由は、ただ面倒だからではない、深い理由がありそうですね。

物語が進むにつれて、この辺の理由も明らかになっていくと思われます。

連載の第1話では、しがないサラリーマンで汚い部屋で寝起きしているというだめだめっぷり。

高校生の時から成績が悪くてサボリ癖があったので納得の姿ですね…

ちなみに、大人になってもスケベなところは変わらず、隣に住む美人なシングルマザーにデレデレしてしまいます。

そんな金田一は仕事で数々の事件が発生した歌島に後輩の女性と向かう事になりました。

 

七瀬 美雪(ななせ みゆき)

助手という立ち位置でほぼ毎回登場していたヒロインです。

金田一のことを「はじめちゃん」と呼んでいて今作でも同じように呼んでいる様子。

現在は大手航空会社のチーフパーサーという立ち位置のようです。

いわゆる客室乗務員のことでかなりのエリート街道を進んでいるようですね。

今でも金田一とやり取りをしていて、LINEでのやり取りをしているシーンがありました。

1 2 3 4
ページトップへ