ゴールデンカムイのアニメキャスト(声優)とキャラクター設定を紹介

アニメ テレビ 漫画 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年春についにTVアニメ化される『ゴールデンカムイ』。

大人気の原作ですがかなり独特できわどい表現が多いことから映像化は無理だといわれていましたが、

「チャレンジ精神でスタッフ一同と共に放送規制に挑みます!」

という難波日登志(なんば ひとし)監督のもと、ついに地上波でのアニメ化が決定しました。

さて、男女問わずファンの多い『ゴールデンカムイ』の原作について、基本的な設定と魅力、そしてキャラクター&キャスト(声優)の情報をまとめました。

是非この記事で、アニメの予習をしてください!

 

『ゴールデンカムイ』とは

原作は『週刊ヤングジャンプ』に連載中の、野田サトル先生の漫画。

日露戦争後、元陸軍兵の杉元が、アイヌの少女・アシリパとともに金塊を求めて北海道を旅する物語です。

しかし単なる歴史バトル漫画ではなく、アイヌの知恵や北海道の大自然でのグルメなど、見ていて驚かされたりマネしたくなったりする要素が多いのがポイント。

さらにひと癖もふた癖もあるキャラクターたちと独特のギャグが、多くの人のツボにはまって大人気となりました。

カッコよくて面白くておいしくて、ちょっと感動する。

そんな珍道中を楽しむ作品です。

現在単行本は12巻まで発売されていて、3月に第13巻が発売予定です。

 

『ゴールデンカムイ』のキャラクター&キャスト(声優)

第1弾として公開されたPVでは、主人公の杉元とアシリパの声を聴くことができます。

現在発表されているキャストは、この2人と白石のみです。

杉元佐一(CV:小林親弘)

杉元佐一(スギモト サイチ)は、『ゴールデンカムイ』の主人公で、日露戦争に参加した元陸軍兵です。

とても強く、どんなひどいけがを負っても生き抜いてきたことから、「不死身の杉元」と呼ばれていました。

戦死した親友の妻の目の病気を治すために、北海道で砂金を採って稼ごうと思っていたところで、アイヌ埋蔵金の話を知ります。

そして偶然出会ったアイヌの少女・アシリパの知恵を借りつつ、埋蔵金を探して北海道を旅することになるのでした。

不死身といわれるほどの兵士だった杉本が、アシリパには「さん」づけで頭が上がらないのもなんだかかわいいです。

そんな杉元の声を担当するのは、小林親弘(こばやし ちかひろ)さん。

現在34歳の俳優で、「演劇集団 円」に所属しています。

2013年からアニメ声優としても活動していて、『ムシブギョー』(白榊夢久)などに出演しているほか、洋画の吹き替えでも多くの作品に出演してきました。

力強くてにごりのない声が杉元に合っています!

アシリパ(CV:白石晴香)

アイヌの少女・アシリパはまだ10代前半ですが、亡くした父に教わった狩りやアイヌの知恵を生かして、山の中で1人で生活しています。

とはいっても祖母やその一族とは仲が良く、進んだ考えを持つアシリパはアイヌの子供たちにとってはリーダー的な存在のようです。

杉元とは狩りの途中で出会い、アイヌの金塊を隠したのが自分の父の仇である可能性が高いため、杉元とともに金塊探しの旅に出ることにしました。

とにかく山で動物を狩るのが上手く、料理も上手いです。

そんな彼女には屈強な男たちも逆らえず、胃袋をつかまれてしまうのでした。

また上の絵ではキリっとした美少女ですが、漫画の中では変顔を見せまくるギャップも大きな魅力。

アシリパの声を担当するのは、舞台女優でもある白石晴香(しらいし はるか)さん。

現在22歳で声優デビューは2012年。

これまでに

  • 『ガラスの仮面ですがZ』(姫川亜弓)
  • 『干物妹!うまるちゃん』(本場切絵)
  • 『あんハピ♪』(雲雀丘瑠璃)
  • 『セントールの悩み』(名楽羌子)

などに出演してきた新人声優です。

少しずつメインでの出演が増えてきている今、アシリパ役は彼女にとっても羽ばたくチャンスになりそうですね。

白石由竹(CV:伊藤健太郎)

「脱獄王」の呼び名のとおり、これまで多くの監獄を抜けては捕まってきた白石由竹(シライシ ヨシタケ)

アイヌの埋蔵金の手掛かりとなる囚人の1人として、雪山で杉元と出会い、バクチ感覚で埋蔵金の話に乗っかって旅を共にすることになりました。

自分勝手でがめつい性格ですが、間抜けな姿をよくさらし結構ひどい目にもあうため、憎めないところがあります。

原作パートでは主にギャグパート要員。

そんな白石の声を担当するのは、伊藤健太郎(いとう けんたろう)さん。

大学の演劇科出身の声優であり、荒々しい役、力強い役に定評があります。

これまでの代表作は、

  • 『超者ライディーン』(鷲崎飛翔 / ライディーンイーグル)
  • 『NARUTO -ナルト-』(秋道チョウジ)
  • 『BLEACH』(阿散井恋次)
  • 『弱虫ペダル』(田所迅)

など。

キロランケ

アシリパの父とともにロシアから北海道に移り住んできたアイヌであり、爆薬に通じた元陸軍工兵部隊隊員でもあります。

馬が好きで馬を扱うのが上手いため、日露戦争では馬の管理を主に引き受けていました。

人当たりがよくアシリパ一行ともすぐに打ち解けますが、謎の多い男。

土方歳三

ご存知新選組”鬼の副長”こと土方歳三(ヒジカタ トシゾウ)

網走監獄に入れられていた囚人の1人で、新選組の元部下や囚人を集めてアイヌの金塊のありかを探しています。

金塊の秘密に深くかかわっていて、何らかの大きな目的のために行動しているようですが、現在のところそれは謎。

『ゴールデンカムイ』時代に生きていれば70歳くらいですが、元気そのもので日本刀や銃を操ります。

鶴見中尉

金塊を狙う3つの勢力のうち1つのリーダーである情報将校、鶴見(つるみ)中尉

金塊を探す目的は、なんと北海道に軍事政権をたてること。

日露戦争での戦死者やその遺族に対する軍のやり方に不満があったため、軍を裏切って行動しています。

おそらく元々頭は切れるのでしょうが、脳の一部をなくしているせいか、感情の変化が大きくて何をするか読めない人。

しかし部下からは異常なほどに慕われています。

尾形百之助

『ゴールデンカムイ』最高のスナイパー、尾形百之助(オガタ ヒャクノスケ)

軍の上等兵ですが目的が謎で、鶴見中尉についたり杉元たちと行動を共にしたりと敵か味方かもよくわかりません。

誰ともなれ合わない山猫のような人。

谷垣源次郎

真面目で情に厚い元マタギの陸軍兵、谷垣源次郎(タニガキ ゲンジロウ)

一度アシリパの狼に負けてから、軍人でなくマタギとして生きようとしますが、何かと情に流されて人生の方向が定まらない人。

悪い人ではないようですが、今後どう転ぶかはわかりません。

インカㇻマッ

突然現れた謎の占い師のアイヌ女性。

幼い頃アシリパの父にアイヌの風習を教えてから、彼を恋い慕ってきたと言います。

占いはよく当たりますが、彼女の言うことは全部真実とは思えず……。

のっぺらぼう

網走監獄に入れられている死刑囚で、顔の皮膚などがないためにそう呼ばれています。

多くのアイヌから命とともに奪った大量の金塊を北海道のどこかに埋めたと言い、その地図を15人の囚人たちの皮膚に刺青として掘りました。

アイヌ埋蔵金の話の始まりとなった張本人

アシリパはのっぺらぼうを自分の父の仇だと思っていますが、はたして……?

 

アニメ『ゴールデンカムイ』まとめ

謎の囚人・のっぺらぼうが隠した金塊を、3つの勢力が競って探し求める物語『ゴールデンカムイ』。

どの陣営にも個性豊かなキャラクターがそろっています。

陸軍や監獄が関わっているため、アシリパ以外はほとんど男性キャラですが、みんなそれぞれの魅力があっていいですね!

キャストは現在3人しか発表されていないので、追加の発表が気になります。

また今回紹介したのは主要人物だけですが、まだまだぶっ飛んだキャラクターたちがひかえているので、そちらもぜひ原作やアニメで見て楽しんでください♪

ページトップへ